ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC EYES

(2012/10/08)

キャラソンCDがTOP5内に2作ランクイン


3位を獲得した「TVアニメ『黒子のバスケ』キャラクターソングDUET SERIES VOL.3(とある信者の果敢な毎日)」緑間真太郎(小野大輔)、高尾和成(鈴木達央)

 10/8付のシングルランキングでは、アニメ、ゲームのキャラクターソングCDが好調。TOP5内に2作がランクインした。3位にランクインしたのは、MBS他アニメ『黒子のバスケ』に登場する緑間真太郎(CV:小野大輔)、高尾和成(CV:鈴木達央)による、“デュエットソングシリーズ”第3弾。

 同アニメのキャラクターソングCDは5月の“ソロシリーズ”第1弾以降、いずれも好セールスを記録しているが、本作は8月発売の黒子テツヤ(小野賢章)、黄瀬涼太(木村良平)によるデュエットソングの最高9位、初動売上1.7万枚を上回り、シリーズ最高のスタートとなった。

 また、続く4位にはPSPの女性向け恋愛シミュレーションゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪ All Star』のキャラクター(寿嶺二(森久保祥太郎)、黒崎蘭丸(鈴木達央)、美風藍(蒼井翔太)、カミュ(前野智昭))がデュエットで歌唱した挿入歌がランクイン(初動売上1.7万枚)。

 ゲームは2013年3月の発売を予定していることに加えて、同4月からはTVアニメ第2期の放映も開始する。



■関連記事
> アニメ業界が仕掛ける「イベント」戦略(12年1月16日)
>ヒット クリエイターファイル〜伝える力、伝わる感性〜概要(12年8月30日)



つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top