ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ネクストブレイク

(2012/04/16)


“天然”素材の逆輸入ヴィジュアル系アーティスト、YOHIO

 スウェーデンからの16歳の“ 逆輸入”ヴィジュアル系アーティスト・YOHIO(ヨヒオ)が、ユニバーサル インターナショナル内の新レーベル「Thunderball 667」より4月25日にアルバム『REACH the SKY』でソロデビューする。

 スウェーデンの音楽一家に生まれたYOHIOは日本の文化をリスペクトし、2009年、14歳の時にヴィジュアル系バンド「Seremedy」を結成。昨年は初のジャパン・ツアーを行い、「V-ROCK FESTIVAL ’11」にオープニング・アクトとして出演するなど、すでにバンド活動を通して日本での認知を拡大してきた。

 ソロでの日本デビューが決まって以降、2月9日のCX系『笑っていいとも!』生出演をはじめ、情報番組、雑誌など精力的にメディア露出を図り、ネットを中心に口コミでファンを増やしている。ユニバーサル インターナショナル 制作編成本部カタログ・マーケティング・グループ チーフ・マーケティング・マネージャーの塩川直樹氏によると、メインターゲットは「V-Rockファンと、洋楽ヒット好き」で、「V-Rockファンに向けてはヴィジュアル系雑誌や専門店など、コア向けの施策を展開。一方で洋楽ファンに向けては、ポテンシャルの高い“楽曲”をアピールするプロモーションを実施していきます」という。

 2月の来日時にソロとして初めてショウケースを行ったYOHIOだが、アルバム発売週には東京都内で発売記念イベントを開催。日本のヴィジュアル系バンド・DuelJewelがサポートを務めることが決定しており、さらに話題を集めていきそうだ。

つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top