ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC EYES

(2012/04/02)


人気急上昇中の“オオカミ”バンド、12年は飛躍の年

頭はオオカミ、身体は人間という謎のオオカミバンド、MAN WITH A MISSIONが、4月4日にメジャー1stシングル「distance」を発売する。

リリースを重ねるごとに初動売上・最高位ともに着実に伸ばしてきた彼ら。デビュー当時からTwitter、MySpaceなどネットメディアを駆使したファンとの双方向のコミュニケーションを図ってきた。

ビジュアルのインパクトから興味を持ったリスナーがネットで検索すると、充実したHP やTwitter(関連の公式アカウントは3つあるという)にたどり着く。新たな生命体という謎めいた部分と、Twitterなどから垣間見える人間らしさやお茶目な部分。さらに、HPを介してYouTubeで公開されているミュージックビデオも視聴可能だ。当初はライブに訪れるファンは外国人も多かったというが、最近では女性ファンが増えているという。

また、ネットでの活動と並行してインディーズ時代から注力している部分が、リアル店舗への地道なプロモーションだ。これはショップのプッシュが得られるだけでなく、見かけた人が彼らの写真を撮り、クチコミで拡散していくという現象も起こる。もちろん、そこで興味を持って調べるリスナーも多いだろう。そしてビジュアルから音楽、ライブへ。彼らが人気を伸ばしている理由のひとつには、ファンの“知りたい”という欲求を掻き立て、それに対して受け皿もきちんと用意されている、ということがありそうだ。

現在は全国8ヶ所での対バンツアー中。4月以降、「ARABAKI ROCK FEST.」といったイベント出演が続くことに加えて、5月からはワンマンツアーも予定されており、今年はさらなる飛躍の年となりそうだ。

つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top