ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > CLOSE UP

(2010/06/10)

「ニュースの達人」による政治経済関連本が好調

 長引く不況、鳩山政権への失望、解決しない普天間基地問題、夏の参議院総選挙――政治・経済に無関心ではいられない状況下、5/17付BOOK部門でもこういったテーマの書籍が多くランクインしている。

 なかでも人気は、池上彰の著書だ。22万部突破の『知らないと恥をかく世界の大問題』が9位、1つのテーマを5分ほどで読める分量にまとめた『「1テーマ5分」でわかる世界のニュースの基礎知識』が32位、04年発刊の書籍を加筆した『経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ −増補改訂版−』が77位――と、3冊がTOP100内に登場、すべてが前週の売り上げを上回った。好調の理由はもちろん、「ニュースの達人」としての番組出演効果だ。

 彼がこの1年で出演した番組は、代表的なものをピックアップしただけでも、『教えてMr.ニュース池上彰のそうなんだニッポン』(CX系)、『櫻井翔×池上彰のそうか!思わずうなる特上ニュース』(TBS系)、『世界一受けたい授業』(NTV系)、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)と、民放キー局すべてを網羅。4月スタートの『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』(テレビ朝日系)は、初回視聴率が17%超え、5月5日放送の特番では20%超えを記録。池上の解説により、ニュースを「知っておくべきもの」から「知っている」という認識に変化させた視聴者や読者は多い。

 また、『もういちど読む山川』シリーズの「政治経済」版も、89位に初登場した。

池上彰・著『知らないと恥をかく世界の大問題』
池上彰・著
『知らないと恥をかく世界の大問題』

Go to Page Top

Go to Page Top