ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/04/05)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
10代女性層からの認知度が高い NYC

 NHKの人気アニメ『忍たま乱太郎』オープニングテーマとしてお馴染みの「勇気100%」を、注目の若手男性アイドルグループ・NYCが新たに担当する。

 NYCは、ジャニーズの中山優馬、山田涼介、知念侑李の3名から成る。山田と知念は既に Hey!Say!JUMP のメンバーとしても活躍しており、中山は昨年連続TVドラマ『恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜』の主演を務め、「中山優馬 w/B.I.Shadow」として主題歌「悪魔な恋」も歌うなど、既に人気の高い3名だ。「悪魔な恋」は、フジテレビ系『女子バレーボールワールドグランプリ2009』イメージ・ソングだった「NYC」とカップリングして2009年7月にシングルリリースされ、初週17.6万枚で見事1位を獲得している。

 2009年末のNHK紅白歌合戦では3名は「NYC boys」のメンバとして出場、メドレー内で、「NYC」とともに「勇気100%」も披露している。その結果、今年明けのランキングでは「悪魔の恋/NYC」は52位にまで返り咲いた。「悪魔の恋/NYC」は昨年7月の発売以来1度もランク外になることはなく、これまでに累計28.6万枚となるロングセールスを続けていて、若いながら早くも彼らの人気の底力を見せつける形になっている。

 NHK『忍たま乱太郎』は1993年から放映されており、当時から主題歌に「勇気100%」が流れていたため、既に幅広い年齢層に知られている曲と言える。ここで歌をNYCに引き継ぐことで、また新たな世代にこのアニメとジャニーズのアイドルとをアピールしていけることになるだろう。シングルCD「勇気100%」は4月7日に発売となる。期待度アンケート調査では、NYCというアーティストを「知っている」と答えた人は37.0%。男女別で見ると、男性では26.0%に対し、女性は48.0%と高くなっており、また女性の世代別では若い世代ほど認知度が高く、10代女性では66.0%にもなっている。まだまだ今後も伸びが期待できそうなNYCだ。

NYCのアーティスト認知度

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top