ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/03/15)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
シングルリリースごとに認知度が上昇 渡り廊下走り隊

 AKB48の人気は今年に入ってさらに加速しているように見える。2月に発売された今年第1弾のシングル「桜の栞」は、前作「RIVER」に引き続き首位を奪取しただけでなく、「RIVER」の初週17.9万枚を大きく超える初週31.8万枚を記録する大ヒットとなった。卒業シーズンの今、「桜の栞」はまだまだ売上を伸ばしそうな勢いだ。

 AKB48のブレイクとともに、関連グループの人気も上昇しているようだ。AKB48の関連グループというと、SKE48やSDN48というAKB48とは別のプロジェクトがあるほか、AKB48の中のメンバーで構成されたユニットがいくつかある。その代表格として、「ノースリーブス」とともに数えられるのが「渡り廊下走り隊」だ。渡り廊下走り隊は、09年1月の1stシングル「初恋ダッシュ/青い未来」が初登場10位とTOP10入り。4月の2nd「やる気花火」が9位、11月の3rd「完璧ぐ〜のね」が7位と着実に順位を上げて来ている。

 3月17日に発売になる「アッカンベー橋」が4thシングルとなるが、今回からメンバーが1名加入し、計5名の新生ユニットとして初のシングルリリースだ。期待度アンケート調査では、渡り廊下走り隊を「知っている」と答えた人は21.8%。1st「初恋ダッシュ/青い未来」の発売前調査時で6.8%、2nd「やる気花火」で9.3%、3rd「完璧ぐ〜のね」で13.8%だったので、確実に認知度を上げてきているのが分かる。

 「アッカンベー橋」の発売形態は、通常盤や初回限定盤のほかに600円の「おためし盤」も用意されていて、この「おためし盤」にはこれまでの3つのシングル曲のダイジェストメドレーを一緒に収録しファンの拡大を図るという試みも行なわれている。15歳から18歳という若いメンバーだけに、これからが楽しみな彼女たちだ。

渡り廊下走り隊のアーティスト認知度

渡り廊下走り隊「アッカンベー橋」
渡り廊下走り隊「アッカンベー橋」
(PCCA-03131)
3月17日発売

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top