ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > ENTERTAINMENT HOT TREND

(2009/04/09)

TSUTAYA×GLAY、「CD付きチケット」で新しい商品提案

 GLAYとTSUTAYAがコラボし、特典CDの付いたライヴ・チケットを販売する。「ライヴ」と「楽曲」の楽しみを組み合わせたこの企画は、ユーザーへの新しい商品提案として注目されている。

特典CDにはオリジナル書き下ろし楽曲を収録

 今年、デビュー15周年を迎えるGLAYが8月15日、16日に横浜・日産スタジアムで記念ライヴ『GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACA TION in NISSAN STADIUM supported by TSUTAYA RECORDS』を開催する。同公演を盛り上げるべく、TSUTAYA RECORDS(以下、TSUTAYA)とGLAYがコラボレーションし、様々な企画が実施される。その目玉となるのが、同公演の特典CD付きチケットの販売。特典CDにはオリジナル書き下ろし楽曲が収録されるが、チケットとオリジナル楽曲収録のCDを組み合わせた販売は、コンサート公演ではこれまでにない取り組みであり、注目を集めている。

 CD付きチケットの購入の流れは、下図に示した通りだが、ユーザーがチケットの先行抽選予約に当選すると、TSUTAYA 店頭にて特典CDが渡されるという流れとなっている。TSUTAYAは入金受付代行業務も行う。TSUTAYAが全国の店頭でチケットを取り扱うのも初めてのこととなる。

CD付きチケット購入の流れ

 「今回の試みは、GLAYのマネージメントを手がけるラバーソウルさんと、15周年公演をどう盛り上げていくか話し合うなかで出てきたものでした」と語るのは、TSUTAYA FC事業本部 商品本部の高橋 聡氏。アーティストおよびマネージメントサイドに、これまでの「CDをリリースしてから、ライヴを行う」という流れとは違う、「ライヴを軸にした新しい付加価値の提案」に挑戦したい、という意向があり、「オリジナル楽曲収録の特典CD付きチケット」というアイディアが浮上したそうだ。そして、このアイディアは、CDにグッズなどをつけたバンドル商品の販売に取り組んできたTSUTAYAの近年の方向性とも合致した。

 「当社では、常に“ここ(=TSUTAYA)でしか、買えないものとはなんだろうか”と考え、新しい商品提案を行うように努めてきました。それがこれまで展開してきた当社独自のバンドル商品であり、今回の企画はそれをより発展した形といえるでしょう」(高橋氏)

新規ファン層の掘り起こしを狙う

 CD付きチケット企画のほかに、TSUTAYAでは現在、『TSUTAYA online』で「GLAY「THE GREAT VACATION」特集」を展開しているほか、3月25日には東京・SHIBUYA TSUTAYAのGLAYによるジャックを実施、4月6日からは、インタビューとライヴ映像を収録したDVDを無料レンタルで展開予定(SHIBUYA TSUTAYAのみ3月25日からスタート)と、様々なコラボ企画を展開し、8月の記念公演を盛り上げていく。

 「この一連の企画の成否は、いかに新規のお客さま、あるいは「昔はGLAYが好きだったけれど、ライヴからは足が遠ざかっている」ようなお客さまを8月の公演に呼び込めるかだと思っています。動員数そのものよりもお客さまの層に変化が現れたとき、今回コラボした意味が出てくるのではないでしょうか」(高橋氏)

(ORICON BiZ4月6日号より抜粋)

Go to Page Top

Go to Page Top