ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/02/24)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
30代女性からの関心度が上昇 東京事変

 『教育』『大人(アダルト)』『娯楽(バラエティ)』『スポーツ』… 何かの論説のテーマや分類かと思うこれらの並びは、すべて椎名林檎を中心とするバンド・東京事変のアルバムのタイトルだ。現在の東京事変は、椎名をはじめ、プロデューサーとしても著名な亀田誠治や、刄田綴色、浮雲、伊澤一葉の5人から成る。約2年半ぶりとなる最新作のニューアルバム『スポーツ』は2月24日リリースだが、先行して昨年12月に発売されたシングル「能動的三分間」は、見事週間ランキングで首位を獲得した。

 この「能動的三分間」は江崎グリコ「ウォータリングキスミントガム」のTVCMタイアップが付いたが、これは椎名林檎が初めてTVCM出演したことでも話題となった。彼女の表情のアップとその後のムーンウォークが印象深く好評で、続くCMも東京事変「勝ち戦」をバックに椎名出演で作成されている。『スポーツ』にはこの「能動的三分間」「勝ち戦」両曲とも収録されている。

 期待度アンケート調査では、東京事変を「知っている」と答えた人は全体で78.0%。椎名林檎のソロ名義での調査結果には及ばないものの、先行シングル「能動的三分間」での発売前調査時66.3%からかなり上昇しており、CMなどの露出の影響が伺える。この作品に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人は、男性22.2%に対し女性の方が34.3%と高い。女性の世代別では、20代を中心に10代も興味関心が高くなっているが、今作では30代の女性のポイントも同様に高いのが興味深い。このニューアルバムを引っさげ、東京事変は3月下旬から約2か月間の全国ライヴツアー開催が決定している。

女性層の「能動三分間」、『スポーツ』の興味関心

東京事変『スポーツ』
東京事変『スポーツ』
(TOCT-26940)
2月24日発売

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top