ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/02/24)

【3月1日付週間マーケット概況 音楽+映像編】
東方神起、AKB48が底上げし、音楽ソフト市場は2週連続で前年比二桁増

■先週付のシングルに続き、今週はアルバムが今年度最高の週間市場規模に

 アルバム首位に初登場した東方神起のベストアルバム『BEST SELECTION 2010』が初動19.0億円を売り上げ、音楽・映像ソフトを通じての3月1日付週間売上額ランキングトップとなった。2010年にリリースされたアルバムとしては最高の初動売上で、これを受けてアルバムの週間市場規模も前年同週比120.3%となる54.7億円となり、今年度最高の週間市場規模となった。また、売上額2位にはシングル作品ながら初動4.0億円を売り上げたAKB48「桜の栞」がつけており、シングルの週間市場規模も前年同週比118.2%に。それぞれアルバム、シングル首位に初登場したこの2作品が引っ張るかたちで、音楽ソフト市場は前年同週比125.6%と、2週連続で前年比二桁増となった。

 一方、映像ソフトも、売上額4位、7位につけたDVD及びBDの『ワイルド・スピードMAX』関連作を含む「映画」作品が好調で、市場全体も前年同週比を106.0%とした。

音楽&映像 作品別売上額シェア
東方神起のベストアルバムが初動19.0億円を売り上げてトップに

週間 音楽&映像 3/1付(2/15〜2/21)
音楽・映像ソフト市場は前週比108.6%、前年同週比114.0%と、ともにプラスに

Go to Page Top

Go to Page Top