ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/02/17)

【2月22日付週間マーケット概況 音楽+映像編】
FUNKY MONKEY BABYS、KAT-TUNが底上げして、音楽ソフトは前年比二桁増

■シングルは2010年度最高の週間市場規模に

 アルバム首位に初登場したFUNKY MONKEY BABYS初のベストアルバム『ファンキーモンキーベイビーズBEST』が初動9.3億円を売り上げて、音楽・映像ソフトを通じての2月22日付週間売上額ランキングトップとなった。シングル作品ながら初動5.7億円を売り上げたKAT-TUN「Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜」がこれに続いており、これらが引っ張るかたちとなった音楽ソフト市場では、アルバムの週間市場規模が前年同週比123.1%、シングルも131.3%とともに二桁増となっている。

 一方、映像ソフトは、映画DVD『マイケル・ジャクソン THIS IS IT〜』が今週も売上額5位に、Blu-ray Disc『マイケル・ジャクソン THIS IS IT〜』も同10位につけているが、今週はむしろ音楽DVDが好調で、映像ソフト全体の週間市場規模も108.6%としている。

音楽&映像 作品別売上シェア
FUNKY MONKEY BABYS初のベストアルバムが初動9.3億円を売り上げてトップに。
KAT-TUNのシングル作品も初動5.7億円を売り上げた

週間 音楽&映像 2/22付(2/8〜2/14)実績推移
ほぼ前週並の売上額をキープした音楽・映像ソフト市場だが、
前年同週比は117.9%で、3週連続で二桁増となっている

Go to Page Top

Go to Page Top