ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/02/05)

【2月8日付週間マーケット概況 映像ソフト編】
『〜THIS IS IT〜』が市場を押し上げ、BDの週間市場規模は過去最高に

■映像ソフトは10ヵ月ぶりに週間100億円を突破

 2月8日付映像ソフト市場の総売上額は115.7億円。映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT〜』がDVD、Blu-ray Disc(BD)の各市場を席巻し、09年4月6日付(105.5億円)以来となる100億円の大台突破となった。110億円超えとなると08年12月29日付(122.5億円)以来で、対前週比204.7%、対前年同週比も143.9%に。今年度(1月11日付〜)に入ってからの映像ソフトの累計市場規模は先週付まで前年同期比減のまま推移してきたが(2月1日付時点で同96.8%)、今週付時点では同110.1%と、一気に二桁増という状況に転じた。

 『〜THIS IS IT〜』はDVD総合首位となった『同 デラックス・コレクターズ・エディション』(初動58.8万枚/23.5億円)だけでも、09年度のDVD年間ランキング首位だった『崖の上のポニョ』の初動50.2万枚/24.8億円に匹敵する売上規模となっているが、今週初登場した同タイトルのDVD3作、BD1作の4作合計では初動103.9万枚/42.7億円を売り上げた。今週付映像ソフト市場における売上額ベースでの占有率は36.9%に達している。

 また、BD『〜THIS IS IT〜』の初動売上は26.1万枚/13.0億円で、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序〜』が保持していたBDにおける累積売上枚数、金額のこれまでの歴代最高記録9.9万枚/6.0億円を僅か1週で大きく上回った。BDの週間市場規模は24.6億円で、これも1月4日付の13.1億円を大きく上回り、08年の調査開始以来最高の週間市場規模となっている。今週付BD市場における同作の占有率は53.0%と過半を占めた。

最新 週間マーケット動向 2010/02/08付
同タイトル4作合計で初動103.9万枚/42.7億円を売り上げた『〜THIS IS IT〜』に
押し上げられるかたちで、映像ソフト市場は前週比を204.7%とした

Go to Page Top

Go to Page Top