ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/01/26)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
若い世代の関心を集める HY

 HYは今年、結成から満10年を迎える。まだ10代だった2000年に地元沖縄の5人で結成。26歳になる現在に至るまで同じメンバーで10年間走り続けてきた。2001年に沖縄限定発売したインディーズでのデビューアルバムが注目され、間もなく全国発売に。続くセカンドアルバム『Street Story』が2003年4月に発売になると、インディーズながら週間アルバムランキング1位の快挙となり、HYの名が一気に知れ渡ることとなった。この『Street Story』は、累計で100万枚を超える売上記録を達成している。これまでに計5枚のアルバムをリリース。直近の5thアルバム『HeartY』は2008年4月にリリースされたが、これまでの売上累計は45万枚以上。アルバムの売れにくい昨今においては、貴重なアーティストだ。彼らはしかも、これまでにシングルをリリースしていない。なのにアルバムはどれも、長くじわりじわりとロングセールスで売れ続ける。アルバムの楽曲に込めたメッセージが、若いリスナーの心に1つ1つしっかりと届いていった結果なのだろう。

 10周年の今年、前作から1年9か月ぶりとなる記念すべき6thアルバム『Whistle』が、1月27日に発売となる。期待度アンケート調査では、HYを「知っている」と答えた人は59.5%。前作『HeartY』の調査時での50.5%からかなり上昇している。男女別では、男性54.0%に対し、女性の方が65.0%と高い。男女いずれも若い世代ほど高く、10代では男女とも86.0%がHYを「知っている」と答えている。この作品に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人は29.8%。うち、女性では10代や20代が高いが、男性では10代の興味関心は比較的低く、20代で最も高くなっているのも興味深い。次の10年に向けてHYの新たなスタートともなるであろうこのニューアルバムに期待したい。

性別年代別による HY のアーティスト認知度

HY『Whistle』
HY『Whistle』
(HYCK-10006)
1月27日発売

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目 質問 回答選択肢 質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか? 「知っている」「知らない」 全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ) この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」 全モニター
楽曲評価(シングルのみ) 作品を視聴して、どう思いましたか? 「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」 楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか? 「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向 この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか? 「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」 アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top