ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2010/01/08)

【12月28日付週間マーケット概況 書籍・文庫・コミック編】
さらにパワーアップ『けいおん!』セールス8倍増

■09年を席巻したアニメ『けいおん!』の原作本がトータルセールス1位

 09年春にアニメ化され大ブレイクした『けいおん!』の原作本が、初週12.1万部をセールスしてコミックランキング3位に初登場。TVアニメ放送前に発売された前巻の約8倍のセールスを記録。価格が860円と通常のコミックの倍であることもあって、12月28日付の書籍トータルセールスでは1位となっている。同時発売された『けいおん!TVアニメ公式ガイドブック〜桜高軽音部活動日誌〜』は0.8万部をセールスして137位。アニメ放映が終了し、半年以上たった今も『けいおん!』人気はさらに上昇をみせている。

『けいおん! 3』
『けいおん! 3』かきふらい(芳文社)
音楽、映像もヒットし、09年上半期の話題となった『けいおん!』の最新刊。
初週売上はTVアニメ放送前に発売された前巻の約8倍

『けいおん!』関連作売上動向

■書籍市場はコミックが復調して前週比増に

 12月28日付書籍市場の総売上額は243.6億円。コミックが復調した他、BOOKが4週連続となる前週比増を示したことで、書籍市場全体も前週比を104.6%とした。

 BOOK部門の推定総売上は部数が1366.0万部、売上額は167.0億円となっている。『うちの3姉妹 11』(主婦の友社)や、新大河ドラマのガイドブックとなる『NHK大河ドラマ・ストーリー 龍馬伝 前編』といった新刊のセールスが好調だ。

 文庫部門は『密命・恐山地吹雪 再生 巻之二十二』(祥伝社)は前週16位から首位に上昇。また、大ヒット「チームバチスタ」シリーズから外伝的作品『ブラックペアン1988 上・下』(講談社)が上位に。

 文庫部門の推定総売上部数は436.0万部、売上額は27.7億円と堅調な推移をみせている。

 コミック部門では、かつてない規模の映画との連動で『ONE PIECE』(集英社)全巻の売上がさらに拡大するなか、講談社・小学館の新刊ラッシュとなった。売れ筋は『はじめの一歩 90』『エア・ギア 27』(ともに講談社)といった人気作が構成するなか、09年上半期の映像、音楽の話題をさらった『けいおん!』(芳文社)の最新第3巻が12.1万部を売り上げて3位に登場。改めて人気の根強さを物語った。

 コミック部門の推定総売上部数は898.1万部、売上額は48.9億円となった。

週間 本 12/28付(12/14〜12/20)実績推移
09年4月27日付以来、約8ヵ月ぶりに240億円を突破。
ジャンル別では前週に続き、家計簿などの実用系書籍、
児童書が好調な売れ行きとなった

Go to Page Top

Go to Page Top