ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/12/17)

20〜50代の女性に聞いた「Blu-ray Disc」満足度調査
Blu-ray Disc所有者、女性の75.2%が満足

 Blu-ray Discソフト市場は、今年に入り右肩上がりで拡大。発売タイトル数は堅調に増え続け、10月末時点で1,500タイトルを超え、09年のBlu-ray Discソフトの売上規模は219.2億円(11月末)と、急成長を続ける。

 Blu-ray Discソフトのヒット作は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序』『化物語』『マクロスF』『けいおん!』など人気アニメ作品、『ダークナイト』『ターミネーター4』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』などのハリウッド大作映画が大半を占め、まだまだ男性ユーザー主導の感があるのが現状だ。今後Blu-ray Discソフト市場のさらなる拡大には、ファミリー層、女性層をいかにして取り込むかが課題となる。

 そこで、今回は今後Blu-ray Discの普及の鍵を握るであろう女性層に注目。女性ユーザーのBlu-ray Discレコーダー・プレーヤー満足度調査をブルーレイディスク アソシエーション(BDA)と共同で実施。Blu-ray Disc市場活性化ためのキーワードを探る。


Blu-ray Discレコーダー・プレーヤー総合満足度75.2%

 Blu-ray Discレコーダー・プレーヤーを所有している女性の総合的な評価は合計75.2%(「非常に満足」25.2%、「やや満足」50.0%)が満足と回答しており、高い満足度を示している。おもな理由としては「画像の綺麗さが格別」(女性/30代/兵庫県)、「解像度の高い美しい映像が再生され、感動している」(女性/50代/東京都)など、Blu-ray Discの映像美を実感したという回答のほか、「テレビとメーカーを揃えて買ったので、操作も楽で簡単」(女性/20代/三重県)、「番組表から予約ができて、録るのも簡単」(女性/20代/東京都)、「おまかせ録画機能で録り忘れたものが自動で録画してくれる」(女性/40代/北海道)と、Blu-ray Discレコーダー・プレーヤー本体の操作性、機能性を高く評価する声が多い。


DVDとの比較では圧倒的な高評価

 Blu-ray DiscソフトとDVDソフトを比較した場合、総合的にどちらのほうが良いと感じていますか?と調査した結果、Blu-ray Discソフト鑑賞者の69.2%が「DVDより良い」と回答した。「遠くの人の表情までくっきりしてびっくりした。比べものにならないくらい綺麗」(女性/20代/東京都)、「黒系の色や文字が鮮明」(女性/20代/東京都)、「映像が鮮明でDVDソフトの比にならない」(女性/40代/富山県)、「すごく綺麗だと思った、特に自然」(女性/50代/東京都)など、映像や画質の鮮明さについて高い評価があった。

 一方で、「画像は綺麗だが、まだ作品数が少ない」(女性/30代/大分県)という回答や、値段が高いといった意見も多く見受けられ、高画質などBlu-ray Discの性能を高く評価している一方でタイトル数、価格面が不満となっている。


「音楽」キラーソフトの登場が市場拡大の起爆剤になる?

 普段よく観るBlu-rayとDVDソフトのジャンルは何かを調査したところ、「映画(洋画)」が最も高く74.2%、以下「映画(邦画)」65.9%、「音楽(ライヴ)」49.8%が続いた。

 今後、Blu-ray Discソフトで観てみたいと思うジャンルは、Blu-ray Discソフトの鑑賞未経験者も含めて、「音楽(ライヴ)」が66.7%と「洋画」66.5%、「邦画」66.2%と肩を並べる結果となった。また、「音楽(プロモーションビデオ)」も49.3%。同ジャンルのリリースが期待されていることがわかる。

 しかし、09年度のBlu-ray Discソフトのジャンル別売上シェアでは弱いジャンルであり、今後「音楽」をはじめ、同ジャンルのリリースを増やさない限り女性ユーザーを取り込むことは難しいと考えられる。逆に考えると、同ジャンルのキラーソフトが登場すれば女性ユーザーを一気に惹きつける可能性も考えられる。そういう意味からも、来年1月にリリースされる日本興行収入40億円を記録したマイケル・ジャクソンの映画『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』への期待が高まる。

Blu-ray Discレコーダー/プレーヤー満足度

Blu-ray DiscソフトとDVDソフトの比較

よく観るBlu-ray Discソフト/DVDソフトのジャンル

今後、Blu-ray Discソフトで観たいジャンル

DVDソフトのジャンル別売上シェア

Blu-ray Discのジャンル別売上シェア

【調査概要】Blu-ray Discレコーダー・プレーヤー/Blu-ray Discソフトに関する調査
■調査期間:2009年12月4日(金)〜12月8日(火)
■調査対象者:Blu-ray Discレコーダー又はプレーヤー所有者 女性社会人556名(20代168人、30代158人、40代160人、50代70人)
■調査地域:全国
■調査方法:インターネット調査
■調査機関:オリコン・リサーチ株式会社 オリコン・モニターリサーチ

※ブルーレイディスク アソシエーション(BDA)
ブルーレイディスク アソシエーション(BDA)は、ハイビジョン映画、ゲームソフト、写真、その他のデジタルコンテンツを記録・再生可能な次世代光ディスクであるブルーレイディスクの規格策定、普及促進等を目的に活動しており、アップル、デル、ヒューレット・パッカード、 日立製作所、インテル、LG電子、三菱電機、パイオニア、パナソニック、フィリップス、サムソン電子、シャープ、ソニー、サン・マイクロシステムズ、TDK、トムソン、20世紀フォックス、ウォルト・ディズニー、ワーナー・ブラザーズを始め、170社以上が加盟しています。

Go to Page Top

Go to Page Top