ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/12/11)

【12月21日付週間マーケット概況 音楽+映像編】
EXILE『愛すべき未来へ』が登場2週目も売上額トップに

■アルバム市場は4週ぶりに前週比減

 登場2週目となったアルバムランキングでは2位にランクダウンしたものの、今週も平均週間売上単価を4814円としたEXILE『愛すべき未来へ』が音楽・映像ソフトを通じての12月21日付週間売上額ランキングトップとなった。週間売上は8.0億円だ。アルバムではこの他、週間ランキング首位に初登場したKinKi Kids『J album』が初動5.7億円、UVERworldのベストアルバム『Neo SOUND BEST』も初動3.7億円を売り上げるなど、上位層についてはレベルの高いセールスを記録。アルバムの週間市場規模も52.9億円となったが、『愛すべき未来へ』1作で38.9億円を売り上げていた先週付に対しては68.8%という市場規模に留まった。

■映像ソフト市場も前週比二桁減

 一方、映像ソフトでは売上額ランキング3位となった『劇場版 空の境界 殺人考察(後)(完全生産限定版)』等の「アニメ」作品や、同5位のTHE YELLOW MONKEY『メカラ ウロコ・LIVE DVD BOX』等の「音楽」作品がそれぞれ大幅な前週比増を示したが、先週付で記録的な売上額を示していた「映画」作品の売上額が後退してしまったことで、映像ソフト全体も週間市場規模を58.1億円とし、前週比81.5%に留まった。

音楽&映像ソフト 作品別売上額シェア
EXILE『愛すべき未来へ』が2週連続で売上額トップに

週間 音楽&映像 12/21付(12/7〜12/13)実績推移
3週連続前週比増を記録していた音楽・映像ソフト市場はやや後退するかたちに

Go to Page Top

Go to Page Top