ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > NEWS

(2009/12/10)

細川たかしも参加し、年末ヒットを狙う『レゲエンカ』

 ユニバーサル・インターナショナルが“ローカル・プロダクション”的な発想で取り組んできたプロジェクト「レゲエンカ」。文字通り、日本の演歌の名曲をレゲエ風にカバーした楽曲をリリースするプロジェクトだが、12月9日にプロジェクトの一つの山場としてアルバム『レゲエンカ』をリリースする。

『レゲエンカ』
12月9日に発売された『レゲエンカ』

 当初、同社は、『レゲエンカ』をデジタル主導のプロジェクトとして位置づけ、7月に「ノーザン・バー〜北酒場」を配信リリース。しかし、実際に配信を開始すると30代後半以降の層から大きな反響があったとのことで、以後パッケージ世代に照準をあわせ、マーケティングを再構築。アルバムを年末商戦と忘年会シーズンである12月リリースに変更した。

 本作のプロモーションで大きいのは、細川たかし本人の参加である。本作には「スペシャル・ボーナス・トラック」として、「ノーザン・バー〜北酒場 with 細川たかし」収録されるが、これに合わせて、発売日である12月9日には、東京・新橋のファロシティ・ビル、ラ・ピスタ新橋の街頭ビジョン下のテラスで発売告知イベントを実施。細川たかしも同イベントに登場し、ジャマイカ人ダンサーらと、「不景気だからこそ、ノリのいい『レゲエンカ』で忘年会シーズンを盛り上げてほしい」をアピールした。『レゲエンカ』は新しいマーケットを開拓するか、注目される。

東京・新橋での発売記念イベントに登場した細川たかし
東京・新橋での発売記念イベントに登場した細川たかし

ジャマイカ人ダンサーと『レゲエンカ』をアピールする細川たかし
ジャマイカ人ダンサーと『レゲエンカ』をアピールする細川たかし

Go to Page Top

Go to Page Top