ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/11/27)

【11月30日付週間マーケット概況 映像ソフト編】
「映画」「アニメ」が堅調でBD占有率が過去最高に

■映像ソフト全体も前週比増

 11月30日付映像ソフト市場の総売上額は44.0億円。先週付まで3週連続で前年同週比300%台を記録していた「音楽」がその好調を一段落させ、対前週比を50.3%とする一方、「映画」「アニメ」の売上額が大幅な伸びを示したことで映像ソフト市場全体の前週比も109.5%となった。

 「映画」ではDVD、Blu-ray Disc(BD)両週間ランキング首位に初登場した『ターミネーター4 〜』が、同時発売された関連作を含めた6作(DVD3作、BD3作)合計で5.1億円を売り上げている。これに牽引されるかたちで「映画」の週間市場規模も13.8億円となり、前週比を173.8%とした。「アニメ」も『けいおん!(5)』等が牽引して週間市場規模は前週比177.6%となる9.8億円だ。

 シリーズ5作目となる『けいおん!』は今回もDVDの初動売上額0.3億円に対して、BDは初動2.1億円を売り上げており、売上額では週間BDランキング首位の『ターミネーター4 スペシャル・エディション』(初動1.6億円)をも上回った。これらが引き上げたBDの週間市場規模は7.0億円で、今週付映像ソフト市場におけるBDの占有率は15.9%に。今週はDVDの週間市場規模が37.0億円とさほどでもなかったこともあるが、週間市場におけるBDの占有率としては08年10月のBD市場規模調査開始以来最高の数値となった。

映像ソフト 週間マーケット動向
映像ソフト市場は3週ぶりの前週比増に

Go to Page Top

Go to Page Top