ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/03/23)

CM好感度ランキング 3月下旬編
20代女性から高い支持、安室奈美恵出演2作が上位に

 安室奈美恵が出演する『コカ・コーラ ゼロ』『ヴィダルサスーン』が、女性層からの厚い支持を背景に上昇。特に20代社会人からの反応が高く、この世代のみで比較するとソフトバンクモバイル、NTTドコモに次ぐ人気を集めている。「ダンスシーンがかっこいい。そして最後の笑顔がかわいい」(東京都・20代・女性/コカ・コーラ ゼロ)「アムロちゃんに惚れ惚れするし、毎回ファッショナブルでいい」(神奈川県・20代・女性/ヴィダルサスーン)といったコメントからも、いかに彼女が若い世代の女性から“憧れ”の眼差しを向けられているかがわかる。

 CMの特異性の一つに“通常とは異なる顔を見ることができる”という要素がある。上記の安室奈美恵のようなアーティストを例にとるなら、歌番組やステージでは見ることのない笑顔や語りを楽しめるという“側面”の味わい方だ。そしてそれは、アスリートを起用したCMにおいても同様のことが言える。スポーツに打ち込んでいる時の“鋭い”眼差しとは全く別の、リラックスした表情が見て取れるという点では、ギャップの大きさではむしろ上かもしれない。イチローの『新・一番搾り』、石川遼の『ANA旅割』、朝青龍の『ファンタ』には、“勝負師”たちのもうひとつの顔を覗ける面白さがあるのだろう。「イチローがやりきっている感じがする」(東京都・40代・男性/新・一番搾り)「遼くんの素朴さ、自然な感じがうまく出ていていい」(千葉県・40代・女性/ANA旅割)「朝青龍って実は良い奴なのかも?と思わせるうまい作りで記憶に残る」(群馬県・30代・男性/ファンタ)。

テレビCM 好感度ランキング
画像拡大

調査対象

調査期間:2009年2月19日〜24日
調査方法:OMRによるインターネット調査
最近見たTVCMの中で好感を持ったCMを最大3つまであげてもらい、理由を書いてもらった。

(ORICON BiZ3月16日号より抜粋)

Go to Page Top

Go to Page Top