ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/11/17)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
女性からの関心度がアップしたB’z

 B’zのオリジナルアルバムは、今度の新作でもう17作目を数える。11月18日リリース『MAGIC』は、2年前に発売された『ACTION』以来のオリジナルアルバムだ。昨年08年はというと、彼らのデビュー20周年という節目の年でもあり、記念ベストアルバムが2タイトル発売され、いずれも初登場首位となり大ヒットした。これによりB’zは、オリコンのアルバム1位獲得作品数が23作となり、歴代の単独トップに躍り出る快挙を成し遂げている。言うまでも無く、今の日本を文字通り代表するロックアーティストだ。

 今年09年に入って、8月にシングル「イチブトゼンブ/DIVE」、続いて10月に「MY LONELY TOWN」をリリース。いずれも初登場首位となり、シングル1位獲得作品数を43作に伸ばした。これも歴代ぶっちぎりのトップだ。ニューアルバム『MAGIC』は、これらのシングルタイトル曲を含む全13トラックで構成されている。

 期待度アンケート調査では、B’zを「知っている」と答えた人の割合は勿論非常に高く、全体の94.3%という結果だ。『MAGIC』に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人は44.6%となっている。少し興味深いのは、今回の調査では女性層の興味関心が比較的高い点だ。最近のB’zの作品では、発売前の同時期調査ではたいてい、男性の方が女性よりも興味関心の度合いがやや高かった。だが今回は、男性40.4%に対し、女性が48.5%という結果が出ている。B’zのデビュー後に産まれてきたはずの10代女性が、20代・30代女性に引けを取らない興味関心を示しているのも面白い。収録曲の「イチブトゼンブ」が、今年7〜9月にフジテレビ系で月9ドラマとして放映されていた山下智久主演『 ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』の主題歌だったことも、影響しているのかも知れない。デビュー21年を越えてさらに幅広い女性層を魅了しそうな彼らだ。

興味関心

B’z『MAGIC』
B’z『MAGIC』
(BMCV-8030)
11月18日発売

(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目質問回答選択肢質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか?「知っている」「知らない」全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ)この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」全モニター
楽曲評価(シングルのみ)作品を視聴して、どう思いましたか?「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか?「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか?「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか?「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top