ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/11/16)

ユーザー調査にみる今週の注目盤
20代女性からの高い認知と関心 加藤ミリヤ

 11月18日、加藤ミリヤが遂に武道館公演を開催する。21歳での初武道館だが、CDデビューから既に5年以上の月日を重ねてきた。自ら作詞作曲を手掛ける彼女は16歳のデビュー当時から注目を集めたが、その理由の1つは他アーティストの有名楽曲などを大胆にサンプリング使用した印象的なサウンドだった。だが、最も聞き手の心に刺さったのは、恐らく女子高生の彼女が紡ぐ等身大の歌詞の世界だったろう。同世代の女子の心を掴んだ彼女のファーストアルバムは初登場2位を記録。10代にして自身のファッションブランド『Kawi Jamele』も立ち上げた。そして昨年08年の11月にリリースしたベストアルバム『BEST DESTINY』で初めての首位獲得となる。だが彼女の勢いはそこで止まりはしなかった。今年09年5月に同い年の清水翔太とのコラボ・シングル「Love Forever」を発売し話題となり、7月に発売したアルバム『Ring』は、初週に自身最高の15万枚を売り上げ、既に累計35万枚以上の大ヒットを記録中だ。10月発売『ViVi増刊号109BOOK』では彼女が表紙を飾っている。

 そして迎える11月18日武道館公演のその日、同時にリリースされるのがニューシングル「WHY」だ。カップリング収録の「Destiny」は、美しきヴァンパイアと女性との禁断のラブストーリーで話題の映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』のイメージソングになっている。

 期待度アンケート調査では、加藤ミリヤを「知っている」と答えた人は全体の73.5%で、これは7月発売アルバム『Ring』での調査時56.0%をかなり上回る結果だ。男女別では、男性の64.0%に対し、女性が83.0%とやはり高くなっている。とくに20代の女性での認知度が最も大きく92.0%だ。この作品に「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」と答えた人は、20代女性で41.3%と最も高く、次いで10代女性の35.0%となっている。一緒に大人への道を歩んできた同世代の女性たちの視線を浴びながら、21歳の加藤ミリヤはまだまだ成長し続けそうだ。

性別年代別による加藤ミリヤの認知度比較

加藤ミリヤ「WHY」ジャケット写真
加藤ミリヤ「WHY」
(SRCL-7154)
11月18日発売


(オリコン期待度調査について)
オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

各項目の質問と回答選択肢、質問対象者は以下の通り。

項目質問回答選択肢質問対象者
アーティスト認知度このアーティストを知っていますか?「知っている」「知らない」全モニター
楽曲視聴度(シングルのみ)この作品を視聴しましたか?「視聴した」「視聴していない」全モニター
楽曲評価(シングルのみ)作品を視聴して、どう思いましたか?「とても良いと思った」「どちらかといえば良いと思った」「どちらともいえない」「どちらかといえば良くないと思った」「まったく良くないと思った」楽曲視聴度調査で「視聴した」と回答したモニター
興味関心度作品に興味関心がありますか?「とても興味関心がある」「どちらかといえば興味関心がある」「どちらともいえない」「どちらかといえば興味関心がない」「まったく興味関心がない」アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
CD購入意向このCDを購入しますか?「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター
DL購入意向この作品がダウンロード購入可能となった場合、購入しますか?「購入する予定」「迷っている」「購入しない予定」アーティスト認知度調査で「知っている」と回答したモニター

Go to Page Top

Go to Page Top