ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/11/13)

【11月16日付週間マーケット概況 映像ソフト編】
今週も「音楽」が底上げし、映像ソフト全体の前年比も大幅増

■「邦画」「アニメ」も好調

 11月16日付映像ソフト市場の総売上額は57.9億円。先週付音楽DVD市場が過去最高の売上額を記録していたことからの反動で、映像ソフト市場全体の対前週比も64.4%に留まったが、その音楽DVDが引き続き好調だったことで対前年同週比は143.2%と大幅増を示している。

 今週はNEWS『NEWS LIVE DIAMOND』を筆頭にDVD総合ランキング上位5作を音楽DVDが独占。初動14.2万枚/9.0億円を売り上げたNEWS作品の他、登場2週目となる嵐のPV集が週間3.5億円、3位に初登場したスピッツのライヴDVDも初動2.2億円を売り上げており、音楽DVDの週間市場規模も22.7億円となった。前週比こそ52.6%だが、前年同週比は実に316.1%だ。DVDと同時発売された木村カエラのライヴBlu-ray Disc(BD)もBDランキング4位に初登場しており、音楽BDの前年同週比も520.5%に上った。

ジャンル別ではこの他、『余命1ヶ月の花嫁』等DVD8作、BD1作が初登場した「邦画」が前年同週比を117.1%としており、「アニメ」等も好調で、「音楽」を除いた映像ソフトの週間市場規模も35.1億円に。前年同週比は105.5%で、これに「音楽」の大幅な前年比プラス分がそのまま加算されたかたちだ。

11月16日付週間マーケット概況

11月9日付市場で「音楽」映像ソフトが記録的な売上額を示していたことからの反動で、16日付市場は前週比減を示しているが、前年比は143.2%と大幅増に

Go to Page Top

Go to Page Top