ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/11/09)

【09年第3四半期マーケット概況 音楽ソフト編】
アルバムが復調の兆しを示し、市場全体も前年に対する下げ幅を縮小

■音楽DVDも9月は大幅な前年比増に

 09年第3四半期(調査期間:09年6月29日〜09年9月27日)音楽ソフト(シングル+アルバム+音楽DVD)市場の総売上額は865.4億円で対前年同期比93.0%となった。第1、第2四半期とも前年同期比二桁減となっていたが、この第3四半期は、特に低迷していたアルバムが復調の兆しを見せたことで、音楽ソフト市場全体も前年同期に対する下げ幅を縮小させている。

 アルバムの四半期市場規模は642.4億円で前年同期比97.9%。ランキング下位層の売上額合計を08年のそれと比較してみると、第1から第3までの3四半期を通じ、今年は一貫して前年並の水準を維持し続けているのに対し、四半期売上額ランキング上位100位までの売上額合計は第1四半期で前年同期比68.7%、第2四半期も66.4%と前年比減が著しい。今年上半期の場合はこのクラスのヒット規模の低下が、ほぼそのままアルバム市場全体の前年比減に重なってしまうかたちだった訳だが、第3四半期の場合はこの100位以内の売上額合計も前年同期に対して4.4%減に留まっており、これがアルバム市場全体の下げ幅の縮小につながった。

一方、音楽DVDの四半期市場規模は108.2億円で前年同期比83.9%。月間ベースでは4月から8月にかけて大幅な前年比減を続けたが、9月には逆に大幅な前年比増を示しており、10月に入ってもこの好調は続いている。

第3四半期音楽ソフト市場
第1、第2四半期に比べ、前年実績に対する下げ幅を縮小させた第3四半期音楽ソフト市場

3四半期累計
3四半期累計での前年同期比は87.8%

音楽DVD市場
9月に入り、復調の兆しを示した音楽DVD市場

Go to Page Top

Go to Page Top