ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/10/30)

【10月26日付週間マーケット概況 書籍・文庫・コミック編】
売上シェアNO.1『ミシュランガイド』!ヒットは関西から

■初の関西・京都版『ミシュランガイド京都・大阪2110日本語版』が売上トップ

 毎年恒例となったレストラン・ホテルの格付け本『ミシュランガイド』。国内3冊目にして初の関西・京都版である『ミシュランガイド京都・大阪2110日本語版』(日本ミシュランタイヤ)が10/26付の書籍総合部門で推定3.8万部を売り上げ首位に。書籍・文庫・コミック3部門総合でも売上シェアNO.1となった。11月には、『ミシュランガイド東京2010 日本語版』が発売される予定で、その売上動向も今から期待される。

 10/26付週間マーケット、書籍・文庫・コミック各部門ともに刊行点数の増加もあり、先週比増。マーケット全体の売上は推定上金額212億円となり、2週間ぶりに200億円を突破した。

『ミシュランガイド京都・大阪 2010 日本語版』
『ミシュランガイド京都・大阪 2010 日本語版』
(C)MICHELIN2009

■映画化、テレビ・ドラマ化の原作本が急上昇

 文庫部門は東野圭吾作品が上位をキープ。TVドラマ化、映画化された山崎豊子作品の売上伸長が目覚しい。TVドラマ化の『不毛地帯 1』(新潮社)は1.8万部を売り上げて29位から9位に上昇。2巻目以降もそれぞれ売上を伸ばしている。映画公開もスタートした『沈まぬ太陽 1 アフリカ篇 上』(新潮社)も1.2万部を売り上げて12位とベスト10入り目前。今週、山崎豊子作品がベスト50位内に9作品ランクインしている。文庫部門の総売上推定は部数が390.7万部、売上額は48.4億円。

 講談社、小学館の新刊ラッシュだったコミック部門。総売上推定の部数は909.8万部、売上額は48.4億円。16.0万部を売り上げた『ハヤテのごとく 21』が(小学館)首位。そのほか『金田一少年の事件簿 剣持警部の殺人 上・下』(講談社)、『ホタルノヒカリ』(講談社)などが上位にランクされている。この秋のTVドラマ化『JIN−仁−』(集英社)、アニメ化『君に届け』(集英社)、『FAIRY TAIL』(講談社)が上昇。文庫部門と同様、ドラマ化など映像化された作品の動きが活発化している。

本 作品別売上額シェア
『ミシュランガイド京都・大阪2110日本語版』が売上シェアNO.1

週間 本 10/26付(10/12〜10/18)実績推移
書籍マーケット全体の市場規模は212億円。2週間ぶりに200億円を突破

Go to Page Top

Go to Page Top