ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/10/29)

【11月2日付週間マーケット概況 映像ソフト編】
週間「アニメ」ソフト市場におけるBlu-ray Disc占有率が過去最高に

■映像ソフト市場全体は前週比171.8%

 11月2日付映像ソフト市場の総売上額は51.6億円。ランキング日付上の月の第1週らしく、「アニメ」を中心に新作のリリースが集中したことで、対前週比171.8%と市場を大きく膨らませたが、その「アニメ」DVDの売上額が前年同週実績には大きく水をあけられるかたちとなったことなどを要因として、対前年同週比は93.4%に留まっている。

 今週は全ジャンルの売上額が前週比二桁増を示しており、中でも『SUPERNATURAL W』、『相棒 season 7』関連等洋邦のDVDボックスが好調だった「ドラマ」は前週比267.3%、DVD TOP300中33作、Blu-ray Disc(BD)TOP50中19作が初登場作品となった「アニメ」も前週比244.5%とそれぞれ市場規模を先週付の2倍以上としている。

ただし、「アニメ」についてはDVDとBDとで明暗を分けており、週間1億円以上を売り上げた作品が1作もなかった「アニメ」DVDは前年同週の半分以下という市場規模に留まった。一方、『けいおん!(4)』が初動2.2億円を売り上げた「アニメ」BDは前年同週比二桁増を示しており、今週付「アニメ」ソフト市場におけるBDの占有率は39.0%に。08年10月のBD市場規模調査開始以来もっとも高い数値で、これを原動力として、今週付映像ソフト市場全体におけるBDの占有率も14.4%と、今年下半期に入ってからは最も高い数値を示している。

週間マーケット動向
映像ソフト市場は大幅な前週比増を示したが、前年同週実績は僅かに下回った

Go to Page Top

Go to Page Top