ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/10/28)

【11月2日付週間マーケット概況 音楽+映像編】
合計6作が週間売上額2億円以上に

■GLAYが初動7.6億円を記録し、アルバム市場を底上げ

 6月の第1弾に引き続いてリリースされたGLAYのベストアルバム第2弾が、音楽・映像ソフトを通じての11月2日付週間売上額ランキングトップとなった。初動売上は2位以下を大きく引き離す7.6億円だ。アルバムではこの他、ヘキサゴンオールスターズによるアルバム第2弾も初動2.6億円を売り上げており、アルバムの週間市場規模は対前週比122.9%となる45.9億円に。対前年同週比も99.4%とし、ほぼ前年並の水準を維持している。

■シングル、映像ソフトも前週比増、前年比減に

 一方、AKB48「RIVER」がシングルながら初動2.8億円を売り上げたことなどを原動力として、シングルの週間市場規模は10.1億円に。前週比を123.5%とし、8週ぶりに10億円の大台を突破したが、前年実績には及ばず、前年同週比は78.2%。

 映像ソフトも倖田來未のライヴDVDが初動2.9億円を売り上げた他、『けいおん!』第4弾がDVD・Blu-ray Discを合わせ、初動2.5億円を記録。ドラマのDVDボックスも好調で、週間市場規模は前週比171.8%となる51.6億円となったが、これも前年実績には及ばず、前年同週比は93.4%に留まっている。

音楽&映像 作品別売上額シェア
初動7.6億円を売り上げたGLAYのベストアルバム第2弾が
音楽・映像ソフトを通じての週間売上金額ランキングでもトップとなった。

週間 音楽&映像 11/2付(10/19〜10/25)実績推移
音楽・映像ソフトの週間市場規模は前週比142.4%と大幅な伸びに

Go to Page Top

Go to Page Top