ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース一覧 > マーケット動向

(2009/10/23)

映画×音楽で盛り上がるマイケル・ジャクソン

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
公開:10月28日、全世界同時公開 配給:ソニー・ピクチャーズ


リアルタイムで熱狂した世代を中心に幅広い層で“再評価”の機運が高まるなか、いよいよ10月28日に映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が公開され、同名アルバムがリリースされる。映画の配給およびアルバムの発売を手がけるソニーグループでは、映画/音楽というジャンルを超えた全世界的な一大イベントとして、盛り上がりの最大化を図っている。

■ソニーグループのシナジーが生み出す一大イベント

公開決定の知らせとともに、大きな関心と期待をもって迎えられた映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』。今夏、ロンドンで開催されるはずであったコンサート「THIS IS IT」に向けたリハーサル風景と舞台裏の映像で構成される同作品は、その圧倒的なパフォーマンスはもちろん、プライベートな素顔やアーティストとしての真摯な姿勢など、“知られざるマイケルの魅力”を改めて劇場で体感できる記録映像になっているという。

10月28日より2週間限定で全世界同時公開される同映画の前売券は、9月28日 に全世界同時で発売が開始され、ローソンチケット(オンライン販売)では前売券初日発売枚数歴代1位となる5万6746枚を記録。劇場でも、早朝から駆けつけたファンが長蛇の列を作って話題となった東京・新宿ピカデリーを筆頭に、全国296館の劇場で3万176枚を売り上げ、ファンの熱狂ぶりと映画に対する期待の高さを天下に知らしめた。なお、1日で合計8万7000枚の前売券セールスは、イギリスの3万枚を大きく上回る全世界ト ップの数字となっている。

 プロモーションにあたっては、映画の公開と同日にリリースされる同名アルバム(下記参照)をはじめ、ソニーグループが一体となって推進。9月24日より東京・銀座のソニービル内にて映画の予告編や、「スリラー」「ビリー・ジーン」などマイケルが放った大ヒット曲のビデオクリップを200インチの大画面で無料上映するイベントを開催するなど、“マイケル・ジャクソン最新作”の盛り上げ最大化を図っている。

 未発表新曲のオンエア解禁でさらに熱気が高まるなか、ソニーグループのシナジーが生み出す一大イベントがエンタメ市場を大いに賑わすことを期待したい。

映画で知る「新しいマイケル」で、ブーム第2波に期待

 6月25日に逝去して以降、盛り上がった “マイケル再評価”機運により、マイケル・ジャクソン関連作品の売上が大きく伸長したことは、すでに各メディアで報道された通り。本誌7/20付総合アルバムランキングでは、100位以内に史上最多となる16作品がランクインを果たし、これに牽引されて7月度の洋楽全体の月間売上金額は、10ヶ月ぶりに前年実績を上回った。特に、売上好調な作品は、昨年9月発売のベストアルバム『キング・オブ・ポップ』で、10/26付現在、今年度内だけで36.3万枚。今年度もっとも売れた洋楽アルバムとなっている。

■女性層の関心が大幅に上昇

「マイケルへの関心は今、リアルタイム世代はおろか、ゴシップのイメージが先行していた20代〜30代、更には10代や逆に年配の方にまで広がっていると感じます」とソニー・ミュージックジャパンインターナショナルの担当者も語る。全世代的な関心の高まりは、オリコン期待度調査でも明らかとなっている。昨年と今年でマイケル・ジャクソンの作品に対する興味・関心度を比較したところ、すべての世代で関心が高まっている。特に、女性層における関心の高まりは目を引く。

オリコン期待度調査より
オリコン期待度調査より

■映画で、クリエイター、ヒューマニストとしての顔を知る

 10月28日に映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が公開され、同名アルバムも、同日発売されるが、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルは「リスナーがマイケルの別の顔」に触れる場と位置づけている。エンターテイナーとしての印象が強いマイケルだが、映画と、その“パンフレット”的な性質もあるこのアルバムは、チャリティー精神に溢れる人道主義者であり、常に創作の中心にいるプロデューサー的人物でもったマイケルの一面に触れるいい機会になるとのこと。

 アルバムのデラックス・エディションには、リハーサル時の未発表フォト満載の36Pブックレットが収録されるほか、未発表アウトテイク音源を収録したディスク2には、マイケル本人の朗読音源「プラネット・アース」も収録される。

 映画・音楽のプロモーションでは、配給元であるソニー・ピクチャーズとの綿密な連携のもと、ショップ、メディアを巻き込んだ盛り上げを図っている。本作に収録される未発表の新曲「ディス・イズ・イット」のオンエア解禁時には、世界中のメディアで大きなトピックとして取り上げられた。

 訃報という悲しい出来事がきっかけだったとはいえ、今年大きな再評価の波が来たマイケル・ジャクソン。彼の知られざる一面に触れられる映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』に、ブーム第2波の期待が高まる。

映画公開と同日に発売されるアルバム『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
映画公開と同日に発売されるアルバム『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』


(オリコン期待度調査について)  オリコン・モニター・リサーチ会員(約8.7万人)からランダムに抽出した400人(10代、20代、30代、40代の男女50人ずつ)に、発売前のシングルやアルバムについて、アーティスト認知度、興味・関心度、購入意向などについてのアンケート調査を行なっているもの。

Go to Page Top

Go to Page Top