ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > TVドラマ

(2016/10/24)

夏ドラマ主演男優No.1、『遺産相続弁護士〜』の三上博史

『遺産相続弁護士 柿崎真一』(ytv/日テレ系)
喜びのコメントを寄せた三上博史(受賞カット)


 夏ドラマを対象に、“質の高いドラマ”を表彰する「第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」。「主演男優賞」には、『遺産相続弁護士 柿崎真一』で、普段はだらしないが、仕事では残された者に対する死者からの想いを真摯に伝える人間味あふれる弁護士を演じた三上博史が選ばれた。

 oricon MEが発行する業界誌『コンフィデンス』が主催する同賞は、視聴者の満足度調査と有識者の投票をもとに決定する。本作について審査員からは、「型破りで、神秘性を備えながらチャーミングさも漂わせる。そんな彼にピッタリの役柄」(同志社女子大学情報メディア学科教授・影山貴彦氏)、「やさぐれた空間の中で、チャラく、しかし自分なりに筋を通しながら生きる曲者。あのキャラは三上さんの名人芸」(国際大学GLOCOM客員研究員・境真良氏)と、その演技や存在感の大きさをあげるコメントが寄せられ、視聴者からの意見にも「存在感十分」(50代男性/兵庫)、「やっぱり演技が上手。深夜でも見たいと思えるドラマ」(30代女性/福岡)、「相変わらず演技が上手いから引き込まれてしまう」(40代女性/神奈川)とという声が寄せられた。

 このほか、「ハードボイルド、グルメ、ユーモアのテイストバランスがうまく作品の中に構築されたのは、生瀬の功績に尽きる」(同志社女子大学情報メディア学科教授・影山貴彦氏)、「久しぶりに「イイ男」を演じた。色気があった」(ライター・吉田潮氏)という声が上がった『侠飯〜おとこめし〜』の生瀬勝久。また、追い詰められた演技に定評のある『そして、誰もいなくなった』の藤原竜也、求心力のあるいぶし銀の演技を見せた『仰げば尊し』の寺尾聰も最終候補に残った。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。

(『コンフィデンス』16年10月24日号より)


■関連記事
> 夏ドラマNo.1、「設定の妙」高評価の『家売るオンナ』(16年10月24日号)
> 夏ドラマ「主演女優賞」、オンとオフの表現力で見せた波瑠が受賞(16年10月24日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top