ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > TVドラマ

(2016/10/24)

夏ドラマ「主演女優賞」、オンとオフの表現力で見せた波瑠が受賞

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(KTV/CX系)
喜びのコメントを寄せた波瑠(受賞カット)


 夏ドラマを対象に、“質の高いドラマ”を表彰する「第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」。「主演女優賞」には、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』で、殺人に異常な興味を持つ、心に闇を抱えた新人刑事を演じた波瑠が選ばれた。

 oricon MEが発行する業界誌『コンフィデンス』が主催する同賞は、視聴者の満足度調査と有識者の投票をもとに決定する。波瑠は、これまでの『あさが来た』や『世界一難しい恋』とは真逆といえる役柄を演じきった演技力と、オンとオフでの絶妙な表情を評価する声が目立ち、審査員からは「“陰影”が彼女の本来の魅力ではないか。そういう意味でもハマり役だった」(同志社大学情報メディア学科教授・影山貴彦氏)「朝ドラで印象づけた明るく天真爛漫なイメージからの振り幅は見事」(朝日新聞・後藤洋平氏)とのコメントが寄せられ、視聴者からも「最後まで波瑠の演技からは目が離せなかった」(30代男性/滋賀)、「迫真の演技だった」(30代女性/東京)、「オンとオフで切り替える主人公が別人のようで印象的」(40代女性/東京)、「冷たい表情が素晴らしい」(40代男性/福岡)と絶賛された。

 このほか、水族館を舞台に、1人の女性の成長をさわやかに演じた『水族館ガール』の松岡茉優、血の繋がらない子どもへの愛情を自然な演技で見せ、特別養子縁組制度という重いテーマを演じきった『はじめまして、愛しています。』の尾野真千子もそれぞれ最終候補に残り、存在感を示した。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。

(『コンフィデンス』16年10月24日号より)


■関連記事
> 夏ドラマNo.1、「設定の妙」高評価の『家売るオンナ』(16年10月24日号)
> 夏ドラマ主演男優No.1、『遺産相続弁護士〜』の三上博史(16年10月24日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top