ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ドラマ

(2015/11/09)

『下町ロケット』満足度が今期ドラマ最高値を記録

「つい応援したくなる」(30代女性/東京)という阿部寛の演技も好印象を集めている
『下町ロケット』2話目の満足度調査結果は、総合100ポイント中97ポイントで、「主演」「主演以外」「内容」の3項目が満点の結果となった


 『下町ロケット』2話目の満足度は、100ポイント満点中97ポイント。今期調査で最高の数値となった。

 20ポイント満点の項目別は、「視聴量」が19ポイント、Twitterでの「話題性」が18ポイントだが、「主演」「主演以外」「内容」の3項目が満点だった。なお、『孤独のグルメ』も同3項目が満点だったが、「視聴量」が10ポイントと伸び悩んだ。一方、現時点で「話題性」がもっとも高い作品は、『サイレーン』と『コウノドリ』で19ポイント。両番組とも出演者のオフショット写真などを積極的にアップし、話題を集めている。

◆『下町ロケット』視聴者からのコメント◆
「爽快で気持ちいいドラマ」(20代女性/大阪)、「大企業に屈せず頑張っている中小企業の姿に元気がもらえる」(30代女性/東京)、「芸人や落語家など配役がユニークで見ごたえがある」(30代男性/千葉)、「翌日月曜から頑張ろうという気持ちになれる」(40代女性/愛知)、「阿部寛の裁判のシーンに感動した」(50代女性/東京)

(コンフィデンス 15年11月9日号掲載)


■関連記事
> “名バイプレーヤー” 木下ほうかが重宝される理由(15年10月26日号)
> 『釣りバカ日誌』 仰天配役にもテレ東らしさ(15年9月14日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top