ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット分析

(2015/09/07)

現役医大生で注目 読者モデル「藤田富」の魅力

藤田富(ふじたとむ)/92年4月14日生まれ。大阪府出身。東京医科歯科大学歯学部在学中。大学進学後よりサロンモデルの仕事を始め、その後、読者モデルとして活動する。雑誌『サムライELO』やショップ「WEGO」の専属契約モデルを務める。TOKYO MXで放送中のドラマ『原宿ドラゴン』に出演

22万以上のフォロワーがいる公式Twitter


 現役医大生の読モとして注目され、現在はモデル・タレント・俳優として活躍する藤田富。「自分は一般人と芸能人の中間。SNSをやることで、親しみを感じてもらっている」。自身のポジションをそう捉える彼は、以前からネットでのコミュニケーションを大事にしてきた。

「読モの仕事を始めた頃、まだ芸能人になるつもりは全然なくて、ブログで知らない人と交流できることが楽しかったんです。大学生活や勉強など、自分が頑張ったことを発信して、読んだ人がそれを糧にしてくれるのが嬉しかった。なので、今もSNSは好きだし、楽しいです」

 現在は、Twitterを中心に利用している。

「1日10件くらいツイートしますが、内容はほとんど些細なこと。そのほうが、大事なツイートをしたときに際立つので。絶対に見てほしいツイートは、ゆっくりネットを見る人が多い夜10時頃に。自撮り画像や動画は普通の内容ではなく、見た人が“何してるの?”とツッコめるものにすると、コメントがついて注目度が上がります」

 リプライの対応も積極的で、多いときは1日100件も返信する。

「リプライはできるだけ返します。どんなにフォロワーが増えても、上から目線になりたくないので。時には中傷されたりもしますが、軽く流すスキルが身につきました(笑)」

 見知らぬ人とのコミュニケーションが楽しくて始めたSNS。だが、今は別の魅力も感じている。

「たとえばニュースを見て腹が立ったとき、“これって俺だけ?”と確認したくてツイートしたりします。みんながSNSで発信する理由のひとつは、この“共感してほしい”という思いなのかもしれないですね」

(ORIGINAL CONFIDENCE 15年9月7日号掲載)


■関連記事
> 「映画初主演」清野菜名が注目を集める理由(15年8月3日号)
> デビュー25周年 福山雅治が支持を集めるわけ(15年8月31日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top