ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ドラマ

(2014/05/12)

【ドラマ満足度】「セリフの掛け合い」で女性の心をつかんだ『続・最後から二番目の恋』


CX系『続・最後から二番目の恋』/毎週木曜22:00〜

 4月期の連続TVドラマについて、自社アンケート・パネル【オリコン・モニター・リサーチ】を通して放送後の満足度を調査。視聴者からのコメントとともに、評価のポイントを紹介する。

 他作品に比べると、全体的に高い数値を記録した『続・最後から二番目の恋』。とくにキャストを支持する40代の女性が多く、「主演」の小泉今日子に対する満足度は、全世代が79.0%に対し、40代女性は86.7%。「主演以外」は、全世代が78.9%に対し、同世代は86.6%だった。

 視聴者からのコメントを見ると、「2人の掛け合いがユニークで最高」(50代女性/神奈川)、「会話のキャッチボールが観ていて飽きない」(30代男性/福岡)、「現実にありそうな会話」(40代女性/兵庫)と、セリフを楽しむ様子がうかがえる。12年1月に放送された第1作目からのファンも多く、「期待どおりの面白さ」(40代男性/東京)、「キャストも演出もセリフもすべてが好き」(40代女性/千葉)と絶賛するコメントが多数寄せられている。

 また、堀北真希が出演する東京メトロのCM曲に「アイネクライネ」が起用され、幅広い層へも認知が広がったことも好セールスを支えた。

 初回が17.2%の高視聴率で話題を集めた『花咲舞が黙ってない』の「全体」の満足度は52.0%で、「主演」の杏は62.0%だった。原作が『半沢直樹』と同じ池井戸潤で、銀行を舞台に権力やしがらみに屈しない女性行員の奮闘が描かれる。その活躍ぶりに、男女から好印象が寄せられた。



『続・最後から二番目の恋』調査結果

■調査概要
○調査期間:4月22日〜4月24日
○対象:10代〜50代の男女 計500人
※4月19日までに放送された25作品
調査地域:1都1道2府14県
関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)/関西圏(大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀)/その他(北海道・愛知・岡山・香川・福岡) ※テレビ東京が視聴できる道・県
○調査方法:インターネット調査
○満足度: 番組を視聴した人に、作品の満足度を10点満点で採点してもらい、8点〜10点(=満足)をつけた人の割合

(ORIGINAL CONFIDENCE 14年5月12日号掲載)


■関連記事
> 木曜21時に“本格派ドラマ”定着を目指すTBSの挑戦(14年4月14日)
> 「恋愛ドラマ」に期待する40・50代の視聴者(14年4月7日)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top