ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > OC Trend Watch

(2014/01/27)

米音楽界の重鎮、クライヴ・デイヴィス氏38年ぶりの来日


自著『The Soundtrack Of My Life』上梓を機に、38年ぶりに来日したクライヴ・デイヴィス氏


記者会見会場の様子

 ホイットニー・ヒューストンやアリシア・キーズ、ジャニス・ジョプリン、ブルース・スプリングスティーン、サンタナ、バリー・マニロウなどの才能を発掘したことで知られ、現在、米ソニー・ミュージックエンタテインメントのCCO、制作部門の最高責任者であるクライヴ・デイヴィス氏が38年ぶりに来日。13年12月19日、東京・日本外国特派員協会で記者会見を行った。

 大物プロデューサーの久々の来日とあって、会場には大勢の関係者が詰めかけた。今回の来日の目的は、自身が昨年上梓した著書『The Soundtrack Of My Life』の日本版の出版を狙ったプロモーション。『ビルボード』前アジア支局長のスティーヴ・マクルーア氏が進行を務めた。会見の前半は、名だたるアーティストたちとのエピソードを交えながら、「プロフェッショナリズムは重要だ。それと、永遠に消えることのないメロディーを探すこと。そしてそのために、多くの音楽を聴くことだね。それから、歌詞も重要だ。アーティストがどんなメッセージを伝えたいのかを、感じ取ることだ」などヒットソングに必要なメソッドなどについて語った。

 後半は参加者からの質疑応答があった。「長いキャリアの中で、もとも印象に残った3人は?」という問いに、「難しい質問で答えるのは不可能だ」と前置きしたうえで、自身のキャリアの転機となったジャニスとホイットニー、そしてブルース・スプリングスティーン、パティ・スミス、アリシアらの名前を挙げた。また、昨夏、ソニーはアメリカの投資会社サード・ポイントから、映画音楽事業部門を切り離して上場する提案を受けたが、それを拒否。その件について水を向けられると、「音楽はソニーの中核事業であり、独立する必要はない」ときっぱり言い切った。会見の最後に、現在同著の映画化の話が浮上していることも明かされた。 (ORIGINAL CONFIDENCE 14年1月20日号掲載)


■関連記事
> ムーブメント真っ只中、新規音楽ファン巻き込む「EDM」とは(13年7月15日号)
> 世界的DJブームが本格的に到来(13年10月14日号)


→ ほかの記事を読む
→ サイトTOPに戻る

Go to Page Top

Go to Page Top