ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト

  • ORICON BiZ onlineのご案内
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

特集記事一覧 > ヒット検証

(2013/03/11)

niconico発の“歌い手”揃ってTOP20入り〜ナノ、天月-あまつき-


3/11付アルバムランキング 8位に初登場したナノの『N』

 11年末頃から徐々にメジャー進出が増え、ランキング上位にも登場するようになった動画投稿サイトniconico等で活躍する“歌い手”達。彼らは主にボカロPによる楽曲やJ-POPなど、既存楽曲のカバー(「歌ってみた動画」)をサイトにアップし、徐々に人気を獲得してきた。昨年12月には、人気“歌い手”5人によるユニット、√5(蛇足、ぽこた、みーちゃん、けったろ、koma’n)のシングル「新星Ω神話(ネクストジェネレーション)/ボク時々、勇者」が初動1.2万枚(12年12/17付)を売り上げ、9位にランクインすると、以降、√5にも参加している、ぽこた、蛇足が、それぞれソロ作品を発表。どちらもTOP30入りした。

 さらに、2月には灯油『トーキョープレジャーグラウンド』(初動0.8万枚)、天月-あまつき-『君ヲ想フ月』(初動1.0万枚)、ナノ『N』(初動1.6万枚)が、それぞれ初登場TOP20入りする好セールを記録。“歌い手”シーンが面の広がりを見せ始めている。

 そもそも同シーンで、まず頭角を表したのが赤飯とGero。11年2月発売の赤飯の1stアルバム『EXIT TUNESPRESENTS SEKIHAN the BEST』が初動1.3万枚(累積売上2.6万枚)を記録すると、続いて発売されたGeroの1stアルバム『Gourmet』(11年7月発売)は初動1.9万枚(累積売上2.6万枚)と連続ヒット。さらに、ぐるたみん『EXIT TUNES PRESENTS ぐ 〜そんなふいんきで歌ってみた〜』(11年12月発売)は、初動2.5万枚、累積でも6.8万枚まで売り伸ばすロングセールスを記録した。なお、ぐるたみんは、3月6日には、最新アルバム『EXIT TUNES PRESENTS る 〜そんなふいんきで歌ってみた〜』の発売が控えており、前作以上のセールスも期待される。


●直近3ヶ月に発売された主な“歌い手”作品の売上動向
クリエイターインタビューを1冊にまとめた特別増刊号の電子書籍版が登場!

「ヒットクリエイターファイル」 Kindleストアで発売中!←詳細

■関連記事
> 1月期アニメ主題歌 続々上位に キャラソンCD好セールスを記録(13年2月25日号)
> ヒット クリエイターファイル〜伝える力、伝わる感性〜概要



つづきはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top