ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


デジタルSG初回1位は宇多田ヒカルの新曲

(2017/12/19)

「週間デジタルシングル(単曲)」の初回の1位曲は宇多田ヒカル「あなた」



 12/25付【週間デジタルシングル(単曲)】1位は、宇多田ヒカルの配信限定シングル「あなた」(12月8日配信開始/週間売上6.4万DL)。今週付で開始した「週間デジタルシングル(単曲)」の第1回目の1位曲となった。昨年11月より開始した【週間デジタルアルバム】でも、宇多田はAL『Fantome』で第1回目の1位となった。本作を含めTOP200内に宇多田作品が5作(あなた/Forevermore/大空で抱きしめて/花束を君に/道)がランクイン。
 本作は、山崎貴監督が西岸良平のベストセラーコミックを、堺雅人と高畑充希の初共演で実写映画化したファンタジードラマ『DESTINY 鎌倉ものがたり』(12月9日公開)の主題歌。映画の週末行成績は2位と、まずまずの出足となっている。12月9日よりデビュー20周年イヤーに突入しており、アニバーサリー企画第1弾として、初の歌詞集「宇多田ヒカルの言葉」を同日発売しているほか、12月8日からは主要サブスクリプション配信サービスで宇多田の全アルバム・シングルの一挙配信がスタート。来年には7枚目のオリジナルアルバム発売と12年ぶりのコンサートツアーが予定されている。
※『Fantome』の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記



 2位はスピッツの「楓」(12年7月11日配信開始/週間売上2.0万DL)。女優・上白石萌歌が出演する「キリン午後の紅茶」で、上白石が同曲を口ずさんでいることで再び注目を集めた。3位にはTBS系ドラマ「陸王」の劇中歌となっているLittle Glee Monsterの配信限定シングル「Jupiter」、4位には、back numberが2015年に発表した「クリスマスソング」、5位にはTWICEの新曲「Heart Shaker」(12月11日配信開始)がランクイン。
 11月後半から各TV局で音楽特番が組まれている。back numberやWANIMAはその出演効果もあって、番組での歌唱楽曲以外もセールスを伸ばしており、前者は5作、後者は4作がTOP200内にランクインしている。
 今週付で最も多くの楽曲がTOP200内にランクインしているのは米津玄師。6位のDAOKO×米津玄師「打上花火」を筆頭に8作で、そのうち7作がTOP100内に入っており、注目度の高さがうかがえる。

アルバム1位はデビューから4年を経て発売された舞祭組の1stアルバム



 【アルバム】1位は、Kis-My-Ft2のメンバー4人からなる派生ユニット・舞祭組の1sAL『舞祭組の、わっ!』(3形態/初週売上7.9万枚)。デビューから約4年、アルバムリリースの発表から約2年を経て発売される今回の作品には、デビュー曲「棚からぼたもち」から「道しるべ」までのシングル4曲のほか新曲などを含む全16曲を収録。アルバム発売を記念して、舞祭組初の全国ツアーの開催も決定。18年1月10日の大阪・グランキューブ大阪 メインホールから2月28日の福岡・福岡サンパレスまで、6会場16公演(約4万人を動員※)が予定されている。
※会場の収容人数を元に算出

三代目JSBの新作1位で連続TOP10入りは22作連続に

【シングル】1位は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの最新作「J.S.B. HAPPINESS」(2形態/初週売上14.2万枚)。今年3月発売の前作「HAPPY」に続き2作連続、通算6作目のシングル1位となった。またデビュー作「Best Friend's Girl」(最高3位:2010年11月発売)からの連続TOP10入りを22作連続に更新した。本作は、「J.S.B. LOVE」、「J.S.B. DREAM」に続く「J.S.B. シリーズ」集大成の作品で、メンバー全員が出演している江崎グリコ「ポッキー」のCMソング。

Go to Page Top

Go to Page Top