ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


リモートでコラボする音楽制作プロジェクト「TELE-PLAY」始動

(2020/06/24)




 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くのアーティスト活動、音楽活動が制限されるなか、リモートでコラボする新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト「TELE-PLAY」が始動した。
「TELE-PLAY」は作詞、作曲からレコーディングやミックス作業、ミュージックビデオ撮影まで全ての行程をリモートで制作。企画のプロデューサーは発案者でもある小西遼(CRCK/LCKS、象眠舎)が務めている。

 第1弾となる楽曲「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)には、Chara、SIRUP、TENDREといったボーカリスト陣に加え、ラッパーのBASI(韻シスト)、屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O (CIRRRCLE)、挾間美帆ら、16人が参加。6月24日のJ-WAVE「SONAR MUSIC」で初オンエアされた。6月30日には各音楽配信サービスで配信され、ミュージックビデオも公開される。さらに、制作の様子を追ったドキュメンタリー映像の配信や、東京・Red Bull Music Studios Tokyoでのストリーミングライブも後日行われる予定だ。


■「TELE−PLAY」第1弾配信楽曲

「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)

<参加アーティスト>
Chara / SIRUP / TENDRE / BASI
A.G.O (CIRRRCLE) / HSU(Suchmos) / 挾間美帆 / 真砂陽地 / 宮川純
中島優紀 / 関口将史 / Shin Sakiura / 高井天音 / 屋敷豪太 / 吉田沙良(ものんくる)
小西遼

Go to Page Top

Go to Page Top