ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


バンダイナムコアーツ×音楽プロダクションbluesofa 新レーベル

(2020/06/15)




 アニメやゲーム関連の音楽を中心に展開している「ランティス」を運営するバンダイナムコアーツは、楽曲・アーティストプロデュースで実績のあるbluesofaと共同で、新音楽レーベル「Purple One Star(パープルワンスター)」を設立すると発表した。

「Purple One Star」のコンセプトは、「アーティストが主体となって活動出来る環境をつくり、アーティストの魅力を最大限に引き出すこと」。これまでも数々のアーティストを担当したbluesofa所属の本間昭光氏がレーベルプロデューサーとして、アーティストの個性を活かしたプロデュースを行い、作品はソニー・ミュージックソリューションズより販売する。

 レーベル名の「Purple」はランティスのレーベルカラーである赤と、bluesofaの青を掛け合わせた紫を象徴し、「One Star」は「一星=明け方に見える最も強い光を放つ金星のような、唯一無二の光を放つアーティスト」を意味している。


ソロアーティストデビューとなる降幡 愛

 第一弾アーティストは、「ラブライブ!サンシャイン!!」のスクールアイドルグループ、Aqoursのメンバーとして活躍中の降幡 愛。本人作詞、本間昭光氏作曲・編曲・プロデュースによるミニアルバム「Moonrise」で、2020年秋にデビューする予定だ。

Purple One Star Official HPはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top