ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


スペースシャワーがオンライン・ライブハウス「LIVEWIRE」始動

(2020/06/15)




 スペースシャワーネットワーク(以下「 スペースシャワー」) は、音楽エンタテイメントに関わるグループ内の様々な機能をフルに活用した新たな事業として、有料課金型ライブ配信サービス「LIVEWIRE」を始動すると発表した。

 スペースシャワーはこれまで音楽専門チャンネル、音楽レーベル、音楽配信ディストリビューション、アーティストマネジメント、ライブハウス、大型野外音楽フェスなど、音楽を中心とした様々な事業を企画、運営、プロデュースしてきた。この経験・ノウハウを活かしながら「withコロナ」以降の新しい音楽体験を目指し、“スペシャ”ならではの有料課金型のライブ配信サービス「LIVEWIRE」をスタートする。

スペシャがキュレーションする「オンライン・ライブハウス」

「LIVEWIRE」はインディーズからメジャーまで多彩なアーティストを対象に、スペースシャワー独自の視点でキュレーションされたラインナップで、ライブの企画、制作、撮影、配信、アーティストグッズ等EC販売に至るワンストップのサービスを提供する。
また、スペースシャワーが保有する各種音楽メディアとの連動により、ライブの事前・事後のプロモーションを通して、アーティストのライブ活動をサポート。さらに、アジア圏の音楽ファンをターゲットにグローバル展開を図り、国内アーティストの海外展開をサポートする。

音楽シーンを代表する豪華なアーティストラインナップ!

「LIVEWIRE」の「オープニングシリーズ」第一弾は、カネコアヤノ、銀杏BOYZ、くるり、Suchmos、中村佳穂、PUNPEE(50音順)と、いずれもシーンを代表する実力派アーティストのワンマンライブが決定。アーティストの特色やアイデアを活かした企画や会場選び、映像表現など、魅力あふれる“いま、ここ”でしか観られない”オンライン・ライブ”シリーズを予定している。
記念すべき、こけら落としとなる7月5日(日)の公演はカネコアヤノが登場。チケット購入に関する公演詳細は後日、「LIVEWIRE」の公式サイト及びSNSで発表される予定だ。

「LIVEWIRE」公式サイトはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top