ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


フェイス、オンライングループ視聴可の新感覚ライブ配信サービス開始

(2020/06/04)




 フェイスは、6月2日よりグループビデオチャット機能を有する、新感覚ライブ配信プラットフォームサービス「Thumva(TM)」(サムバ)の提供を開始した。

 ユーザーは「Thumva(TM)」でライブ配信を視聴しながら、グループコードを共有することで、誰とでもグループビデオ通話及びクローズドなチャットでのコミュニケーションができ、開演前・終演後もコメントやグループビデオ通話が楽しめる。また、サービス上で視聴チケットを購入できるだけでなく、外部プレイガイドともチケットコードの発行により連携しており、購入したチケットは他ユーザーに譲渡することもできる。

 利用するアーティスト側は、「Thumva(TM)」内および外部サービスでの有料チケットの販売やギフト機能(6月中旬開始予定)を利用して収益を上げることができ、開演前・終演後の宣伝告知、各イベントのグッズ情報の掲載も可能で、実際のライブコンサートに近いアプローチを行うことができる。同サービスでは、ライブ配信アーカイブの保存、チケット購入者の属性レポートの確認、ライブ配信で発生する著作権使用料の処理の代行等を行い、さらにオプションで、ライブ会場や制作スタッフのコーディネート等も提案可能となっている。

■「Thumva(TM)」の特長
・グループコードを共有することで1000km離れた友達とのライブ視聴も可能なグループビデオチャット機能。開場から開演、ライブ中、または終演後も自由に通話ができ、チャットメッセージのみの使用も可能





・100万人の同時視聴が可能なフルHDの高画質のライブストリーミング配信システム





・コメント機能を使用して、リアルタイムでアーティストにダイレクトメッセージを送信可能





・アーカイブ配信機能。ライブ配信終了後も、アーカイブ配信として期間限定でライブ映像を何度でも繰り返し視聴可能

・ギフト機能(6月中旬開始予定)。ライブ配信中にアーティストに対してギフティングすることができ、アーティストからはギフティングに対してのリターンも提供可能

・アーティストサポート機能(「Thumva(TM)」でライブ配信を実施するアーティスト向け)。有料チケットの販売、ギフト機能(6月中旬開始予定)、ユーザーマーケティング、著作権の処理代行、ライブ会場の斡旋(別途費用)、動画収録のコーディネート(別途費用)など。

■「Thumva(TM)」今後の予定
6月2日:α版 サービスローンチ、各メディア・音楽関係者様からの取材受付開始
6月4日:α版 初回テストライブ配信実施(出演アーティスト:color-code)
6月7日:α版 第2回ライブ配信実施(出演アーティスト調整中)
6月13日:α版 第3回ライブ配信実施(出演アーティスト調整中)
6月14日:β版 有料チケット制ライブ配信実施(出演アーティスト:マジカル・パンチライン)
6月20日:β版 有料チケット制ライブ配信実施(出演アーティスト調整中)
6月中旬:ギフト機能追加予定

「Thumva(TM)」オフィシャルサイト
アプリのダウンロードはこちらから
iOS
Android
■「Thumva(TM)」初回テストライブ配信概要
・出演アーティスト:color-code
・配信日時:2020年6月4日(木)20時00分〜
・チケット料金:無料(事前に「Thumva(TM)」への無料会員登録が必要)
配信URL

【「Thumva(TM)」に関するお問い合わせ】
公式サイト内お問合せフォーム

Go to Page Top

Go to Page Top