ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


「2020年JASRAC賞」大賞は米津玄師「Lemon」

(2020/05/24)


 日本音楽著作権協会(JASRAC)は、5月20日、「2020年JASRAC賞」を発表した。
 「JASRAC賞」は、音楽配信、カラオケ、CMでの利用など、前年度にJASRACからの著作物使用料の分配額が多かった作品の作詞者・作曲者・音楽出版者を表彰するもので、1982年の創設から今年で38回目を数える。例年は東京・渋谷のけやきホールで贈呈式が行われていたが、今年は新型コロナウイルスの影響でWeb上での発表となった。


JASRAC資料をもとに編集部で作成

【金賞】米津玄師の「Lemon」(作詞・作曲者:米津玄師/日音)
 TBS ドラマ『アンナチュラル』(18 年 1 月〜3 月放送)の主題歌として書き下ろされた同曲は、18 年 2 月の配信リリース後、YouTubeで公開されたミュージックビデオが 5.6 億再生を超えるなど話題を集めた(20 年 5 月時点)。その後も、音楽配信サービスでロングヒットするとともに、カラオケでも歴代首位となる 85 週連続1 位を記録するなど、多くのユーザーから支持を得たことから、インタラクティブ配信とカラオケの両分野で 2 年連続の分配額 1 位となり、初の金賞に輝いた。

【銀賞】「ドラゴンクエスト序曲」(作曲者:すぎやまこういち/スギヤマ工房)
人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの CM がテレビで継続的に利用されたほか、配信や演奏などでも利用され、17 年の銅賞、18 年の銀賞に続き、3 度目の JASRAC 賞を受賞となった。

【銅賞】中島みゆきの「糸」(作詞・作曲者:中島みゆき/ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)
 カラオケの定番ソングとして幅広い世代から支持を得たほか、テレビ CM や他のアーティストのカバーによる配信利用、結婚式場等における演奏など幅広い分野で人気を維持し続け、16 年の銅賞、17 年の金賞、19 年の銅賞に続き、4 度目の JASRAC 賞受賞となった。

【国際賞】「NARUTO‐ナルト‐疾風伝BGM」(作曲者:高梨康治/テレビ東京ミュージック)
 テレビ東京の人気テレビアニメ『NARUTO−ナルト−疾風伝』」の BGMで、13 年、14 年に連続受賞して以来、3 度目の受賞となった。各国でテレビアニメが人気を博し、外国からの分配の約 8 割を占めたアメリカのほか、ドイツ、フランス、ブラジルなどで放送を中心に利用された。

【外国作品賞】「U.S.A.」(作詞者:DONATELLA CIRELLI、SEVERINO LOMBARDONI/作曲者:DONATELLA CIRELLI、CLAUDIO ACCATINO、ANNA MARIA GIOCO/オリジナル・パブリッシャー:THE SAIFAM GROUP、ZYX MUSIC S R L/サブ・パブリッシャー:日音)
 1992 年にイタリアでリリースされた後、18 年にDA PUMPがカバーして話題に。音楽配信サービスでのヒットのほか、YouTube でのミュージックビデオの再生回数が 2.1 億回を突破(2020 年 5 月時点)するなどインタラクティブ配信で多く利用され、かつカラオケで幅広い世代から支持された。

 19年度の分配対象の楽曲数は258.0万曲。分配対象の権利者数は、音楽出版者を通じた分配を含めると、著作者7.3万人、音楽出版者2,799社となった。このほか、約120の外国の著作権管理団体を通じて34.9万人の著作者、46,918社の音楽出版者にも使用料が分配された。

Go to Page Top

Go to Page Top