ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


LINE LIVE、ホリプロデジタルエンターテインメントと業務提携

(2020/05/07)




 LINEは、ライブ配信サービス「LINE LIVE」による、ライブ配信者からスターを生み出す「LIVER Support Program(ライバーサポートプログラム)」において、ホリプロデジタルエンターテインメントと業務提携を締結した。

 「LINE LIVE」は、LINEアカウントやTwitterアカウントがあれば誰でも配信可能なライブ配信サービスとして、2020年1月9日のサービス開始以降、アーティストがリアルタイムでファンとコミュニケーションできる場として活用されている。『雑誌や広告のモデルになれる』『俳優や声優として番組に出演できる』といった様々なオーディションなど多数のイベントを毎日開催しており、夢を叶えたい「ライバー(ライブ配信者)」と「ファン(視聴者)」が一緒になって夢を叶えることができる“応援プラットフォーム”として成長し続けている。

 その第1弾パートナーとして、多数の人気動画クリエイターが在籍するプロダクション「UUUM」、第2弾パートナーとして、様々なジャンルで活躍するタレントのマネジメント・サポートを手がける「ツインプラネット」と業務提携しているが、第3弾パートナーとして、ホリプロデジタルエンターテインメントと業務提携に至った。

 プログラムに参加している一部のライバーのマネジメントを、LINEとホリプロデジタルエンターテインメントの共同で行い、ライブ配信のノウハウを共有するほか、ホリプロデジタルエンターテインメントによるレッスンの提供、各種SNSや芸能活動の全面サポートなどを無償で受けることができる。

※LIVER Support Program についてはこちら

Go to Page Top

Go to Page Top