ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


エイベックス ブロックチェーンとAI技術を活用した実験スタート

(2020/04/24)




 エイベックス・テクノロジーズ、Vobile Japan、NexToneの3社は、ブロックチェーンとAI技術を活用した利用楽曲特定と、音楽著作権管理システムの構築を目的とした基本合意書を締結したと発表した。

 近年はコンテンツの多様化にともない、音楽著作物の特定や管理が複雑になっている。音楽著作物の演奏利用に関しても、人手を使った著作権管理だけでは十分な管理ができない状況になっているため、より透明性が高く、より確実に権利元へ還元できる仕組みが求められている。

 このような背景をふまえ、エイベックス・テクノロジーズが持つデジタルコンテンツの権利記録・分配を行うブロックチェーン技術「A trust(TM)」と、Vobile Japanが持つ動画・静止画・音声等を識別するためのAI技術「MediaDNA(TM)」を活用した実証実験を3社共同で行うという。

 音楽の著作権管理にブロックチェーンを活用する動きは広まっており、2月には日本音楽著作権協会(JASRAC)がブロックチェーン技術を用いた実証実験を行うと発表している。

Go to Page Top

Go to Page Top