ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


サイバーエージェントがデジタルシフト支援を専門に行う新子会社設立

(2020/04/23)


 サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋)は、エンターテインメント産業における収益化のデジタルシフト支援を専門に行う新子会社として、株式会社OEN(読み:オーイーエヌ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤井琢倫、以下OEN)を2020年4月27日に設立すると発表した。

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ライブや公演など多くの興行が中止を余儀なくされ、リアルの場での活動自粛が続く中、OENでは高品質なライブ配信やチャンネル月額課金での動画配信のほか、プロジェクト支援(投げ銭)、オンラインサロン、EC物販など、エンターテインメント産業のデジタルシフトを推進し、新たな収益機会の創出を応援する。これらのサービスはアーティストやスポーツ、格闘技、演劇などエンターテインメント産業における幅広い分野に提供していく。

 サイバーエージェントグループではテレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」において、2日間での総視聴数が300万となる『メトロック2019 独占生中継!』のほか、「Twitter」の世界トレンドランキング1位を獲得したライブ配信や、プロレス団体「DDTプロレス」が提供する「DDT UNIVERSE」、また国内最大級のゲーム動画プラットフォーム「OPENREC.tv」などを運営している。

 OENではこれらのサービス運営を通じサイバーエージェントグループが培ってきたノウハウを生かすことで、サイバーエージェントグループが提供するプラットフォームはもちろん、他社が提供するプラットフォームなどの活用も含めた収益機会の創出を総合的に図ることで、エンターテインメント産業を応援していくとのこと。

Go to Page Top

Go to Page Top