ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


エイベックス、監査等委員会設置会社へ移行

(2020/04/15)


 エイベックスは、4月13日開催の取締役会において、「監査役会設置会社」から「監査等委員会設置会社」へ移行する方針を決議した。(1)ガバナンスの強化(2)意思決定の迅速化、を以降の目的としている。6月に開催予定の株主総会において承認された後に移行する予定となっている。


【監査等委員会設置会社への移行目的】

(1)ガバナンスの強化:委員の過半数が社外取締役で構成される「監査等委員会」を設置し、監査等委員を取締役会の構成員とすることで、取締役会の監督機能の実効性の確保とコーポレート・ガバナンス体制のさらなる強化を図る。

(2)意思決定の迅速化:取締役会の業務執行決定権限の一部を取締役に委任することにより監督機能と業務執行の分離を図ることで、迅速な経営意思決定を行い業務執行の機動性向上を目指す。

 また、監査等委員会設置会社への移行に合わせて、独立社外取締役を取締役総数の3分の1以上の比率とすることを基準とし、さらなるガバナンス強化のため「コンプライアンス委員会」の委員長を独立社外取締役とする方針も決定した。

Go to Page Top

Go to Page Top