ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


【デジタル】グラミー主要4冠、ビリー・アイリッシュ急上昇

(2020/02/05)




 【デジタルアルバム】では、ビリー・アイリッシュの1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が週間売上0.5万DL(5,280DL)で、前週7位から1位に急上昇して、自身初の1位となった。また、【CDアルバム】でも、週間で0.6万枚を売り上げて14位に上昇。さらに本作に収録のリードトラック「bad guy」は、「デジタルシングル(単曲)ランキング」で、週間売上1.7万DL(16,564DL)で前週19位から5位にアップ。また、「ストリーミングランキング」でも、週間再生数264.8万回(2,648,079回)で前週18位から6位と、それぞれ初のTOP10入りを果たした。
 本作『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、2019年3月に発売されたアルバムで19/4/8付に22位に初登場。リードトラックの「bad guy」が20年1月期のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)の主題歌に起用されたところから、じわじわと上昇し、20/2/3付で7位となり、初TOP10入りとなった。さらに、日本時間1月27日に行われた『第62回グラミー賞』にて、主要4部門独占し、5冠を達成したことによって注目され、1位を獲得した。
 なお、ビリー・アイリッシュは、9月2日に神奈川・横浜アリーナで単独公演の開催が決定している。

【ストリーミング】TOP100 2/10付概況


曲数の赤字は前週よりも増加したもの、棒グラフ青色は前週よりも再生回数が減少したもの

■ストリーミング1位は前週に続きKing Gnu「白日」(476.2万回)。同曲ほかTOP100内に16作(前週18作)がランクイン。再生回数は16作全てが前週よりも減少しており、TOP100内の合計再生回数は前週比で59.0%となる1572.1万回となった。

■ Official髭男dismはTOP100内に11作(前週13作)がランクイン。2位の「Pretender」(423.1万回)をはじめ、11作全ての再生回数が前週よりもアップしている。中でもとくに再生回数を伸ばしたのが、TBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌の「I LOVE...」(368.9万回)で、前週よりも約40万アップ。TOP100内のランクイン曲の合計再生数は前週比106.5%となっている。101.5%と微増。

■今週、もっとも再生回数を伸ばしたのは、前出のビリー・アイリッシュ。「bad guy」(264.8万回)は前週よりも136.1万回アップしており、TOP100内には最新作「everything i wanted」(19年11/13配信開始/52.1万回)もランクインしている。

■そのほか、Mrs. GREEN APPLEはTOP100内に7作(前週6作)がランクイン。全作が前週の再生回数を上回った。また、20年1月から、ファンクラブツアー【one room party vol.5】(全国11ヶ所28公演)を開催中のback numberは、TOP100内に5作がランクイン(前週5作)。こちらも、全曲の再生回数が前週を上回っている。



■ストリーミングTOP100のアーティスト別ランクイン曲数を見ると、3曲以上がランクインしているのは19.0%(8組)、2作が21.4%(9組)、1作が59.5%(25組)となっている。

Go to Page Top

Go to Page Top