ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


【ストリーミング】King Gnu、TOP100内に18作ランクイン

(2020/01/22)




 1/27付【ストリーミング】は、初の1位になった「白日」(533.5万回)ほかTOP100内に18曲がランクインしたKing Gnuが気を吐いた。1位「白日」、3位「Teenager Forever」、8位「飛行艇」は前週よりも100万以上再生数を伸ばしている。1月15日発売されたアルバム『CEREMONY』収録曲の8作も初ランクインしており、本作がリスナーに熱狂的に受け入れられている様子がうかがえる。18作の合計再生数はTOP100の総再生数の約3割を占める。

 前週1位だった「Pretender」(424.1万回)ほか12作がTOP100内にランクインしたのはOfficial髭男dism。TBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌の「I LOVE...」(215.4万回)が11位に初ランクインしている。12作の合計再生数はTOP100の総再生数の約2割を占めている。

 今週、前出2組の楽曲以外でもっとも上位となる15位に初ランクインしたのは、BTSの弟分となる5人組グループ、TOMORROW X TOGETHER「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away) (Japanese Ver.)」(160.3万回)。1月24日にテレビ朝日系で生放送される『ミュージックステーション』に出演することから、次週以降の動向も要注目だ。
 前週より25万再生アップで25位に上昇したのはビリー・アイリッシュ「bad guy」(107.9万再生)。同曲は、読売テレビ・日本テレビ系日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌に起用されている。1月26日(日本時間1月27日)にロサンゼルスで開催される「第62回グラミー賞」では、最年少で主要4部門全てにノミネートされており話題沸騰中だ。81位には昨年放送されたNHK「18祭(フェス)」で1000人との共演で生まれた、[Alexandros] の「Philosophy (18祭Mix)」が初ランクインしている。


 
 ストリーミングTOP100のアーティスト別ランクイン曲数を見ると、3曲以上がランクインしているのは16.1%(7組)、2作が20.9%(9組)、1作が62.8%(27組)となっており、ここからもKing GnuとOfficial髭男dism旋風の凄まじさがうかがえる。

Go to Page Top

Go to Page Top