ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


嵐がデジタルシングルランキングを席捲

(2019/11/13)




 11/18付【DGSG】1位は、嵐の初デジタルシングル「Turning Up」(週間売上万6.8DL<67,921DL>)。前週11/11付「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」において、1日のみの集計で1位を獲得したが、これで2週連続1位となった。また3位には「One Love」、4位に「Love so sweet」、5位に「BRAVE」、6位に「Monster」、8位に「Happiness」、9位に「GUTS !」も初登場し、18年12月よりスタートの同ランキングにおいて、史上最多となる7作同時TOP10入りを記録した。またTOP100内では合計39作品がランクイン。
 また【ストリーミング】でも「Turning Up」の281.3万回再生を筆頭に、TOP100内の4分の1強を占める28作がランクインして、存在感を放っている。 
 嵐は、デビュー20周年記念日である11月3日19時より、初のデジタルシングル「Turning Up」と、これまでにリリースした全シングル64作品の配信をスタート。「Turning Up」は、明るく前向きな歌詞が印象的なポップソングで、ミュージックビデオでは、世界中の人々を巻き込んでパフォーマンスする嵐の姿が描かれている。なお嵐は、11月9日に、『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』にて天皇陛下の即位を祝う奉祝曲を披露。その後専用ジェット機でアジアキャンペーン『JET STORM』を実施。11日までの3日間、ジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北のアジア4都市に赴き、今回のデジタル配信、公式SNS開設などの新たな挑戦や、20周年御礼を現地のファンに直接語りかけた。
 来年5月15日、16日には、今月末に竣工する東京・新国立競技場で単独アーティスト初となるコンサートを、また2020年春には中国・北京でコンサートを開催することも決定している。




NMB48、最新シングルが11作連続・通算20作目の1位に



 【CDSG】初登場1位は、NMB48の最新作「初恋至上主義」(初週売上16.7万枚)。これで「ドリアン少年」(15年7月発売)から11作連続、通算20作目の1位となった。本作は、11月30日で卒業する太田夢莉が最初で最後のセンターを務める楽曲で、初恋の切ない気持ちを明るく爽やかなサウンドにのせて歌ったラブソング。ミュージックビデオでは、メンバーと楽しそうにはしゃぐシーンと、太田の旅立ちを連想させるラストシーンとの対比が印象的な作品となっている。なお、11月17日には東京国際フォーラムにて太田夢莉ソロコンサート、11月25日には神戸ワールド記念ホールにて卒業コンサートが予定されている。

浜崎あゆみ「女性アーティストによるアルバムTOP10獲得作品数」歴代1位



 【CDAL】では、浜崎あゆみの『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』が初週売上0.6万枚で、9位にランクイン。TOP10入りは通算52作目となり、「女性アーティストによるアルバムTOP10獲得作品数」が歴代1位となった。本作は、1999年11月に発売されたアルバム『LOVEppears』と、30万枚限定で同時発売されたシングル「appears」の発売から20年を迎え企画された記念盤。アルバムとシングルを1つにリパッケージし、全曲がリマスタリングして収められている。またアートワークには、発売当時に話題になったヴィジュアルを使用。
 なお浜崎は、2019年12月31日に国立代々木競技場第一体育館にてカウントダウンライブ『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2019-2020 A(仮)』を、2020年2月20日から、28ヶ所38公演の全国ツアー『ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2020 A(仮)』 をスタートする。

Go to Page Top

Go to Page Top