ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


東方神起、日本デビュー15周年記念AL1位

(2019/10/23)



 
 10/28付【CDAL】初登場1位は、東方神起の最新フルAL『XV』(初週売上15.5万枚)。本作で、昨年10/1付の『TOMORROW』以来、通算8作目の1位となり、BoAと並んでいた「海外アーティストによるアルバム通算1位獲得作品数」で、歴代単独1位となった。 東方神起の日本デビュー15周年記念アルバムとなる本作は、7月にリリースされた「Hot Hot Hot」や「ミラーズ」、音楽番組でも披露された「Guilty」、「第35回東日本女子駅伝」大会応援ソングに起用されている「Hello」など、新録曲12曲を含む全15曲が収録されている。
 11月9日より、自身4度目となる全国5大ドームツアー『東方神起 LIVE TOUR 2019 〜XV〜』(全国5ヶ所14公演)がスタート。また、来年3月には本作リリースを記念して、全国ハイタッチ会(全国4ヶ所/3万人招待)も開催される。



ONE N' ONLY、3rdシングルで2作連続1位を獲得



【CDSG】初登場1位は、スターダストプロモーション所属の4人組グループ・EBiSSHと、3人組グループ・さとり少年団(SBC)による合同プロジェクトONE N' ONLYの3rdシングル「Category/My Love」(初週4.0万枚)。5/20付の2ndシングル「Dark Knight」に続き、2作連続1位を獲得した。本作は、ライブでも評判の、メッセージ性の強い歌詞が魅力のダンスチューン「Category」と、運命の出会いをテーマにしたラブソング「My Love」を収録した両A面シングル。
 本作のリリースに向け、8月より全国でフリーライブツアーを実施した。なおONE N' ONLYは、11月3日より、東京、名古屋、大阪をまわるライブツアー『ONE N' ONLY・EBiSSH×SBC・ Zepp Tour 2019』を開催する。

Official髭男dism、ストリーミングランキングTOP100内に16作



 【ST】TOP100内にもっとも多く楽曲がランクインしたのは、Official髭男dismで16曲となった。10月9日にリリースされたアルバム『Travelerに収録された14曲のうち、「052519」(「Pretender」のギターソロのみの音源)以外はすべてランクイン。新曲がランクインしても、「ノーダウト」、インディー時代の楽曲「115万キロのフィルム」は常に上位にランクインしており、ファンに愛聴されている様子がうかがえる。あいみょん、Mrs. GREEN APPLEはともにTOP100内に8作、は7作、がランクイン。10月14日に新作EP『Same Thing』をリリーした星野源は、その収録曲4作を含む5作がランクイン。10月9日に約3年ぶりの新作アルバム『見っけ』をリリースしたスピッツ。こちらも収録曲の「優しいあの子」など5作がランクイン。「ロビンソン」「楓」「空もとべるはず」は前週ランクインしていないことから、18日に放映されたTV音楽番組『ミュージックステーション』3時間スペシャルへの出演効果が考えられる。

Go to Page Top

Go to Page Top