ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


B’z最新AL20万枚超えで通算29作目V

(2019/06/05)

6/10付ランキングトピック

CDアルバム:B'z自身が持つ歴代1位記録を更新



 B’zの最新作『NEW LOVE』(初週売上20.7万枚)が1位を獲得。17.12/11付『DINOSAUR』に続いて通算29作目の1位となった。アルバム総売上枚数は4687.2万枚となり、自身が「歴代1位」の記録を持つ「アルバム1位獲得作品数」、「アルバム総売上枚数」をそれぞれ更新した。本作は、昨年でデビュー30周年を迎え、新たな気持ちで制作に臨んだオリジナルアルバム。「江崎グリコ ポッキー」CM主題歌「マジェスティック」、リポビタンD ラグビー日本代表応援ソング「兵、走る」や、エアロスミスのギタリストを務めるジョー・ペリーがレコーディングに参加した「Rain & Dream」 など全13曲が収録されている。6月8日からは鹿児島アリーナを皮切りに、全国ツアー『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』(全16ヶ所36公演)をスタートする。

CDシングル:乃木坂46、通算3作目の発売初週100万枚超えで1位



 1位は乃木坂46の最新作「Sing Out!」(初週売上100.4万枚)。18.5/7付1位の「シンクロニシティ」、11/26付1位の「帰り道は遠回りしたくなる」に続き、通算3作目の発売初週100万枚超えで1位を獲得した。シングルの通算3作初週ミリオンは、AKB48の通算34作に次ぐ歴代2位の記録となる。また累積売上でのミリオン達成は、17.6/26付の「インフルエンサー」から7作連続、シングル1位獲得数は、12.5/14付「おいでシャンプー」から通算&連続22作目となり、共に「女性グループ歴代2位」の自己記録を更新した。来月7月3日からは、毎年恒例の全国ツアー『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』をスタートする。 

週間デジタルシングル(単曲):菅田将暉「まちがいさがし3週連続1位



 前週につ1位は菅田将暉の最新作「まちがいさがし」(週間売上40,717DL)。米津玄師、星野源、back numberに続き、史上4組目の3週連続1位となった。累積売上は今週で205,216DLとなり、18.4/23付「さよならエレジー」以来、通算2作目の20万DLを突破した。同記録は米津玄師、星野源に続き男性ソロアーティスト3人目。米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを手がけた本作は、現在放映中の松坂桃季主演ドラマ『パーフェクトワールド』(関・テレビ・フジテレビ系)の主題歌にも起用されている。6月4日よりMV公開とストリーミング配信をスタート。7月10日に2ndアルバム『LOVE』を発売。また8月24日からは、全国4都市5公演のZeppツアー『菅田将暉LIVE TOUR 2019 “LOVE”』をスタートする。

デジタルシングル(単曲):椎名林檎約5年ぶりのオリジナルアルバム『三毒史』が1位



 1位は椎名林檎の約5年ぶりとなるオリジナルアルバム『三毒史』(初週売上9,989DL)。前作『逆輸入 〜航空局〜』(17.12/25付)に続き、通算2作目の1位となった。櫻井敦司(BUCK-TICK)との共演作「駆け落ち者」をはじめ、ニュース番組『news zero』(日本テレビ系)テーマ曲でエレファントカシマシ・宮本浩次との「獣ゆく細道」や、ウルフルズ・トータス松本との「目抜き通り」など、多彩なアーティストとのデュエット作品6曲を含む全13曲を収録。また、昨年行われたデビュー20周年記念アリーナツアーを収めた最新ライブ映像作品『(生)林檎博’18 -不惑の余裕-』 も本作と同時発売されている。

ストリーミング:Official髭男dism「Pretender」2週連続1位



 1位は4人組バンド・Official髭男dismの最新作「Pretender」(週間再・数270.5万回)。先週6/3付に続き2週連続1位となった。本作は、長澤まさみ主演、東出昌大、小日向文世の共演で現在公開中の映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌として書き下ろされた楽曲。同映画はの好調な動員に伴い、本作も再生数を伸ばしている。Official髭男dismは今月6月22日より、自身初の日本武道館公演を含む全8公演の全国ツアー『Official髭男dism one-man tour 2019』をスタート。7月31日には、2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/"熱闘甲子園"テーマ・ソングに起用されている3rdシングル『宿命』を発売する。




※「週間デジタルアルバムランキング」は、「2016/11/14付」よりスタート
※「週間デジタルシングル(単曲)ランキング」は「2017/12/25付」よりスタート
※「週間デジタルストリーミングランキング」は、今年度2019年の集計開始となる「2018/12/24付」よりスタート

Go to Page Top

Go to Page Top