ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


「おしりたんてい」児童書初の4週連続V

(2019/05/17)




 5/20付【BOOK】1位は、大人気の児童書「おしりたんてい」シリーズ(作・絵 トロル/ポプラ社)の最新刊『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』(週間売上2.8万部)。4/29付から4週連続の1位となり、児童書ジャンル作品史上初の4週連続BOOKランキング1位を記録した。見た目はおしりの名探偵「おしりたんてい」が、必殺技の“おなら”を駆使して謎解きしていく物語で、幼児から小学校低学年の男女を中心に爆発的な人気を獲得。昨年5月にNHK EテレでTVアニメ化されて以降7月には7週連続で新作を放送、12月からはレギュラー化されて人気が拡大した。また、4月27日からは29年ぶりに復活した『東映まんがまつり』で、初の劇場アニメ化作品『おしりたんてい カレーなる じけん』が上映されている。

本屋大賞受賞作が今年度の文芸売上1位に



【BOOKコミック】4位は、4月に発表された「2019年本屋大賞」で大賞を受賞した瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文藝春秋/週間売上1.4万部、累積売上:20.1万部)。今年度の文芸(小説)ジャンル作品最高累積売上となっている。本作は、幼少期に母を亡くし、3人の父と2人の母にバトンを繋ぐようにリレーされて育った高校生・森宮優子の成長の物語。「身近な人が愛おしくなる」と、昨年2月の発売以来高い評価で、昨年は情報バラエティ『王様のブランチ』(TBS系)が選ぶ「ブランチBOOK大賞2018」、紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする「キノベス!2019」を受賞した。今回の「本屋大賞」受賞後、同作のセールスは好調。大賞発表翌週の4/22付から5週連続BOOKランキングTOP5入りしている。

Go to Page Top

Go to Page Top