ヒットがみえるエンタメマーケット情報サイト


King & Prince シングル3作連続30万超え

(2019/04/10)

King & Prince 新作が合算シングル1位獲得



 4/15付【合算シングル】は、人気グループKing & Princeの新作シングル「君を待ってる」(週間391.262PT/内訳 CD:391.262)が、CDの売上のみで1位を獲得した。CDシングルランキングでは、デビューから3作連続の1位、またKinKi Kids、KAT-TUNに次ぐ史上3組目、KAT-TUNの3rdシングル『僕らの街で』が記録して以来(06/12/18付)、12年4ヶ月ぶりとなる「デビューシングルから3作連続の初週30万枚超え」(※グループからのソロデビュー作品、再デビュー作品などを除く)を記録している。本作は、「今の自分を変えたい」と思う人の一歩を踏み出す勇気を与えてくれる応援ソングで、作詞はシンガーソングライター・高橋優が手掛けた。メンバーが出演する「UHA味覚糖「ぷっちょ」」、および「Yahoo!きせかえ」のCMソングにも起用されている。なお来月5月17日には、メンバーの永瀬廉主演、神宮寺勇太出演で、主題歌にKing & Princeのさらなる新曲「君に ありがとう」が起用されている映画『うちの執事が言うことには』が公開される。


 
 シングル3作の売上動向をみると、初週売上は前作とほぼ同水準をキープしており、18年12月12日に発売された初のライブ映像『King & Prince First Concert Tour 2018』も累積売上31.2万枚と4ヶ月で初週売上の1.3倍強の伸長を見せている。また、DVDの比率が上がっていることから若年層ファンの伸びが感じられることから、次回作にも期待がかかる。




ゴールデンボンバー、新元号ソング「令和」が合算シングル16位

 【合算シングル】16位には、ゴールデンボンバーの「令和」(週間8,359P/内訳 DGSG単曲6,850PT、DGSGバンドル:594PT、ST:1,143PT)がランクインした。4月1日に新元号が発表され、その発表会見の模様はテレビ各局でも生中継されて日本中の関心を集めた。新元号ソングをいち早く発表することを公言していたゴールデンボンバーは、その発表の瞬間から急ピッチで楽曲制作に入り、レコーディングの模様を「LINE LIVE」で生配信しながら、わずか2時間後に新元号を歌詞に盛り込んだ新曲「令和」のMVをYouTubeで公開し、その後、配信も開始した。2日後の3日には、日本テレビ系『スッキリ』で「令和」を歌唱し、その際に“人間習字”(喜矢武豊の頭髪に墨をつけ、樽美酒研二が「令和」の文字を書くパフォーマンスを実施)が話題を呼んだ。DGSG単曲56位には、同曲を仮で平成と歌ってる鬼龍院デモバージョンもランクインしている。

Go to Page Top

Go to Page Top